コミュ障が未経験でWEB系のバイトに挑戦してみた~31日目~

コミュ障バイト体験記・31

この記事は「未経験の職種で、コミュ障がバイトをしたらどんな感じなのか?」シリーズです。目標は3ヶ月更新。
「どんな恐怖が待ち受けているのか?」疑似体験でお楽しみください\(^o^)/

 

30日目の様子はこちら

31日目のお話、開始。

 

まだ出せない退職届

もうずっとこれのことばっかり考えてる。

「ほんと何で出せないかなぁ!?」

とついには自分を責める。

 

この自分を責めるって行動、

何とかしないとマジでやばい\(^o^)/

 

自転車きつい

体調不良な面もあるんですけども、

自転車がきつくなってきた。

真夏よりはマシですけども、

やっぱりきついことには変わりない。

 

ってか、自転車自体は別に良いんだけど、

これから仕事っていうのが辛いんだろうなと。

こういうことが積み重なると、

やっぱり辞めたいと思ってきます。

 

棚卸は気楽なはずなのに…

今日も朝一から棚卸。

アン
すごくラッキー
と思っていたんですけども、

何か知らないけど、体がだるい。動きたくない。

こうなってくると、作業が辛くなってくる。

 

アン
裏方が良かったんじゃないのか?私?じゃあ、一体何が出来るんだ?
と逆に責め出す。

 

今考えるとたぶん体調不良が原因だったのかもしれないけど。

たぶん、慣れてないと言うこともあるかもしれない。

体を動かす作業をやっていたら慣れてきて、

こうも思わなくなるのかな?

 

写真撮影も体がだるい

棚卸が終わると、次は写真撮影。

物撮りは良い。

マイペースに、相手がおらず作業できるから。

 

しかし、ここでも体調不良がひっぱっているのか、

体が重くて思うように動けない。

体の不調ってここまでマイナス面に働くんだな…と実感した。

 

普段体調は健康な方なので、

不調に鳴ったら慣れてなくて、すごくしんどく感じるw

 

それにしても、電話の恐怖に怯えないって最高である!

 

電話の部屋に戻ると恐怖再開

写真も撮り終わったので、事務所の方へ戻る。

 

すると思い出す電話の恐怖。

やっぱり体がだるくても、電話の恐怖に耐えるよりは、

はるかに良かった…と思い出す。

 

体力で辛い 〉精神で辛い方

 

私は、精神的に負担のほうが辛いらしい。

やっぱだめだわ、電話。

 

休憩に去る時の反応が気になる

いつもだったら、

アン
お先に失礼します
と、小声でそそくさと休憩に出る私なんですけども、

なぜか今日はKさんの反応が違う。

 

Kさん

いってらっしゃい

といつも言ってくれるのに、

今日の「いってらっしゃい」のトーンがすごく低い。

 

なんでだろ。

こういう些細なこと、いつも気にしちゃう。

アン
休憩時間、もしかしたら私が行ってから、調節してみんな行きだすのだろうか?
そうなると私は、早く行った方がみんなにとって良いんだろうか?
とか、

「いや、違うだろう?」と思うことでも、

ぐるぐる考える。

 

つまり、

「私が悪いんじゃないか?」って最終的にはたどり着く。

すごいな、この自動ネガティブスイッチw

 

何もかもネガティブに繋がる

今日は、退職届をクリアファイルに挟んで

持っていたんですね。

 

不安の声
いつも持っていないのに、何でクリアファイル?
こいつ、仕事辞めるのかよ
ボロボロのだっせぇクリアファイル持ってきてんじゃねーよ

みたいな感じで、なぜかぶっ飛んだ思考になる。

たかがクリアファイルを持っているだけなのに、

すげー妄想が走る。どうしたら良いんだ…。

 

自ら滅ぼす

「自ら滅ぼす」

れ、ネット上で話をしていた時に聞いた言葉。

アン
まさしく私じゃないか
って、すごく思った。

 

自分で勝手に物事を大きくして、自分を責め出す。

しかも。それをやめられない。

 

アン
これって、ものすごくデメリットじゃないかな?
って思っても、

やめられないだって。

 

やめてしまったら、

アン
今まで責めてきたことは何だったんだ?
って思っちゃうから。

 

なんだこれ、怖すぎる\(^o^)/

 

退職届、提出

休憩時間中に、

HSP(ハイパーセンシティブパーソン)の本を読んでいた。

そこで書かれていることがとても気になった。

 

そこでは例文が違うけども、

 

大して重要じゃない仕事を人にを頼むとき、

『これはそんなに重い仕事ではない、

相手にそんなに負担がかからない』

と思いながら頼む

 

ということが書かれていまして、

「これだ!」と思いまして。

退職届を渡す自分を重ねたんですね。

 

アン
ただ退職届の紙を出すだけ。相手に負担はない。
と思いながら紙を提出することに。

 

すると、あっさり行けました。

社長も話が通っているので、

変にかしこまった態度で周囲に気取られる為、

気を使ってくれた?のか、

 

社長(仮)

オッケー、ありがとう!

と普通に接してくれました。

助かる。

 

「今まで悩んでたのは何だったんだ」

とちょっと思ったけど、

これでよかったんだ、うん。

 

裏方仕事、今日も

やっぱり裏方の仕事は良い。

棚卸し時間の後半すごく気が楽でした。

アン
裏方、万歳!
 

しかし、

作業が終わって事務所に戻ると…

やはり電話の恐怖に怯える。

 

これじゃないか?毎日これで苦しいんじゃないか?

 

本日の降水量

60%

かなしい

 

最終回

 

赤井アンからのお知らせ♪


LINEスタンプ40個セット 好評!販売ちゅ~!
赤井アン プロフィールページ画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です