親知らずの抜歯は痛い?=「抜いた後が大変です」実際に抜いた体験者が語る!

親知らずを抜きました。

親知らずとは、上下左右にある1番奥の歯のことです。

調べてみたところ、10代後半~20代前半に生えてくるらしいです。

アン
まさか、そんなに遅くに生えてくるとは知らなかった…

 

この親知らず、「抜かなければいけない」という考えが多いですよね。

実際私は、歯医者に通っていると「抜いた方がいい」と先生に言われました。

私の親知らずは真横に倒れているので、隣の健康な歯を傷つける可能性が高いらしいのです。

 

アン
つまり、常に爆弾を抱えている状態だと言われました

 

今回は私が、親知らずを抜いた体験談を、事細かく語っていきたいと思います!

 

アン
長いので、マイペースに読んでね!

 

レントゲンを撮ってみた

「実際に親知らずを抜くかどうか?」の判断基準として、まずレントゲンを撮ることにしました。

撮ってみたところ、下の奥歯がすべて真横に倒れていました(涙)

歯茎の中に、埋め込まれてしまっている状態です。

 

実際私は、右の奥歯の歯を常にトラブルが起こっていました。

よく腫れたり、歯茎がビロンビロンに剥がれていたりと…。

しかし私は「そんなもの」と思って放置していたのですが…どうやら隣の親知らずが原因だったようなのです。

 

親しらずが横に倒れていることで、隣同士の歯が擦れあってしまい、虫歯になりやすい状態になっていたのです。

「これはなるべく早く抜いた方がいい」と先生に言われ、抜くかどうかを考えておいてほしいと言われました。

 

抜歯情報をネットで調べる

歯を抜くって正直、怖いです(汗)

アン
今まであった歯がなくなってしまう!どうなるか怖い!
アン
いくらいらない歯と言っても、噛み合わせとかどうなるの!?

とか、ぐるぐる考えが回りました。

 

そしてネットで実際に体験談を調べてみると…色々な意見がありました。

  • とにかく痛い
  • 抜歯中は麻酔がかかっているので痛みはほとんどない
  • 抜いた後の処置が大変
  • とにかく薬を飲まないと激痛が走り、生活どころではない
  • 食べものが食べられなくなり、とにかく苦しい
  • 水しか飲めなくなった…
  • 頬がパンパンに腫れた!

などなど…

 

私はその情報を見るたびに…

ただでさえ嫌だった抜くことが、さらに抜くことに対して恐ろしくなりました(汗)

 

アン
抜かない方がいいんじゃないか?

という気持ちが強くなってきたのです。

 

抜く決意

しかし中には「そんなに大したことがなかった」という意見も、ちらほら見るのです。

つまり、「その人によって抜いた後の状態が変わってくる」ということなのです。

こればかりは、自分が抜いてみないと分かりません。

 

どっちにしても抜かないと、これからずっと虫歯に悩まされる可能性が高いのです。

正直、常に高い確率の虫歯のリスクを抱え続けることに恐怖を感じました。

そして抜くのなら、1番若い今が良いらしい。治るスピードが違うらしいのです。

ちょうど職場で60代の方が親知らずトラブルで抜いて、とても痛いとも聞きました。

 

アン
怖いけど、少しの間我慢すれば虫歯リスクは低くなる!

 

私は怖いのですが、抜く決意をしました。

 

別の病院で抜いてもらうことに

この病院では抜けないらしく、紹介状もらい抜ける資格を持った先生のもとへと行くことになりました。(多分、完全に親知らずが横で歯茎に埋まっていたので、難しい治療だったんだと思う)

 

ドキドキしながら順番を待ち…

ついに私の番になり、先生が歯のレントゲンを診て、その先生は軽く言ったのです。

「ここ、ここ!ここも、ここも!親知らず4本あるな!全部抜くか!」と。

 

アン
は…?

 

「抜く」ということの恐怖に対して怯えていたのに、4本一気に抜くだと?

被害にあっている、1本しか抜かないと思っていた私。

 

アン
他人事だと思って、怖いことを簡単に言いやがる!

 

と身構えると同時に、呆然としていたんですけれども…

どうやら顔に出ていたらしく、先生は逆に驚いたようで。

 

「いっ、いや、そんなに無理に抜かなくてもいいんだけれど…」

と、急に上から目線から、下目線に変わりました(笑)

 

アン
一体どんな顔をしていたんだろう、私…

 

抜歯開始

いよいよ、親知らずを抜く作業が始まります。

 

抜歯1番の恐怖

1番初めに麻酔を打たれます。

 

これが恐ろしく痛い

 

しかも、麻酔を刺してすぐに抜く、とかいうわけではなく。

しばらく針を差し込んで、そのままになるので余計に怖い。

歯茎の中に薬が入ってきているという感覚が伝わり…恐怖が走る。

 

アン
正直、この抜歯で1番痛かったのは、この麻酔です…

 

そして麻酔が効くのを待つため、5分ほど?放置されることに。

しばらく経ったら、何ていうか歯の感覚が消えます。歯茎が無くなる感じ。

麻酔ってこういうことなんだと。

 

まるで工事現場音のような抜歯

そして抜歯が始まりました。

ものすごい音が聞こえます。工事現場の削岩機を使っているような…

ガガガガガガガ!!という音がとにかくすごいです。

とんかちのようなものを使ったり、とにかく響く響く。

 

アン
痛みはないけど、頭や骨に響くような感覚がしてちょっと怖かったです

 

最後は縫合

40~50分ぐらいでしょうか?

処置が終わり、抜いた部分を針と糸で縫い付けることに。

これも怖いんですけれども…器用に先生は縫っていました。

 

さようなら、私の親知らず…

抜いた親知らずをチラッと横目で見たんですけれども…

血まみれで粉々になっていました

 

アン
さようなら、私の親知らず…

 

虫歯リスクを高め、爆弾とまで言われた親知らずですが…なんか切なくなりました。

 

抜いたあとの注意

終わったあとは、「10分ほどガーゼを噛んでいてください」と言われました。

フガフガしながら返事をし、そして痛み止めの薬をたくさんもらいました。

 

「麻酔がしばらく効くので、食べるのは時間を開けてください」との注意も。

実際、しばらく口の感覚がおかしかったです。骨がないタコみたいな感じ。

噛んじゃっても痛みがないので、口の中を傷つける可能性が高いらしいのです。

 

こうして、親知らずは私のもとからさったのでした…。

 

抜いた後が1番大変

さて、問題はこれからです。

ネットで調べた情報では「抜いた後が大変だった」と。

確かに麻酔は痛かったですが、手術中は特に痛みはなかったです。

 

アン
音はすごかったですけど

 

手術は長くても1時間ぐらいで終わるけれども、日常生活は24時間ある。

色々あったことを、ここに!

 

頬が腫れる

抜いたあとは、やっぱり刺激が強かったのか、抜いた方の歯ほっぺたが腫れました。

めちゃくちゃ腫れる、というわけでもないですが、左右バランスがおかしいなほどには腫れました。

アン
抜いたときは寒い時期だったので、仕事中はマスクで隠していました

 

血がすごい

まず抜いた後は、血がすごいです。

うがいもろくにできません。と言うかするのが怖いです。

 

で、どうしても抜いた部分が気になってしまい、舌で親知らずを抜いた後を触ってしまいたくなるのですが…それは控えてくださいと注意されていました。

菌が入る可能性があるからです。

 

アン
これはとにかく、耐えるしかありません

 

薬は必須

そして、朝・昼・夜は必ず薬を飲んでください。

ネット情報だと、痛み止めは飲まないと、痛すぎて死にかけるらしいですね。

私は欠かさず飲んでいたので、痛みはなかったから良かったです。

 

食べるのに超苦戦

そして食べ物です、問題は。

口が開かないんですよ。と言うか、開くのが怖い!

アン
だから食べるも怖くなります

 

とにかく、刺激の強い食べ物は控えました。

うどんや、柔らかいものをゆっくりと噛んで食べていました。

私は2日ぐらいはほとんど食べられなくて、主に飲み物で過ごしていました。

あとは、バナナとか柔らかい果物を食べたり。

 

 

そういった生活を約1ヶ月続けました。

1ヶ月後、縫っている糸を取ってもらいます。

 

2本目の親知らずを抜く

糸をとってもらい、抜いた歯の方がだいぶを治ってきました。

なので、もう1本の反対の下の親知らずを抜きました。

 

不穏な出来事1

同じように麻酔、工事現場のような音が聞こえ、抜くのですが…

今回は前回と違い、違和感が。

 

痛みが走るのです

 

この時私は、すぐに言えば良かったのですが…

アン
歯を抜くのに痛みはあるものだろう

と思い込んだのか(笑)、我慢していたのです。

 

が、あまりにも痛くなり、顔を歪ませると…先生はすぐに手を止めました。

そして親知らずを抜くことは、すぐに終了したのです。

 

ここで疑問なのですが…

アン
すぐに終了したってことは、そこ触らなくて良かったんじゃないの…?

という、「余計なとこ触ったから、痛みが走ったんじゃ?」と疑惑がw

だって麻酔を打っていたはずのに、痛いっておかしい。

 

不穏な出来事2

そしてさらに、穴を防ぐために糸を縫っていたのですが…

「針が1本足りない」という会話が聞こえるのです。

「まぁ、そのうち見つかるだろう~」とか先生言ってるんですけれども…?

 

ちょっと怖いなと思っていたら、そのまさか。

私の靴下の裏に、その針が刺さってたのですよ

(たぶん椅子の足台に針が落ちて、私が踏んだ)

 

靴を履いている時、なにか変な感じしたんですよ…。

アン
足の裏に刺さって、入り込んでたらどうしてたんだよ…この能天気医者

 

 

とまぁ、こんなことがありましたが、なんとか2本抜き終わりました。

 

「4本全部抜く」という話を先生が一方的にしていたのですが…

私の迫真の表情効果か、「絶対に抜かなくてもいいし、今度抜いてもいいしね」と、結局私の親知らずは下の歯だけを抜くことで終わりました。

 

下より上の方がまだ楽らしい

反対の方の親知らずも、約1か月間大変でした。

ちなみに上の方の親知らずは、下ほど大変ではないようです。

下を抜いて、ついでに上2本抜くって感じでしたし。

それでも抜くことには変わりないので、ご注意。

 

先に下を抜いた方が「下より楽じゃん!」と楽になるかもしれません(笑)

もしくは、「初めてで怖いから、負担の軽い上から…」という逆パターンもありかと。

 

おわりに

以上で、私の親知らず体験談を終わります。

怖いトラブルが起こったりもしましたけれども、なんとか抜けてほっと一安心。

 

「親知らずは抜いた方がいいか?」とは言われていますけれども、まっすぐ生えている場合は絶対というほどでもないらしいです。

1度歯医者に行って、レントゲンを撮ってもらい、先生に判断を仰ぐのもいいかもしれませんね。

 

けどもし、「奥歯ばかりが虫歯になっている!」という人は…

私のように、親知らずがあって、そんなことになっているということもあります。

ですので、1度歯医者に行ってもらえればと思います。

 

アン
歯は一生付き合うものなので、大切にしていきたいものですね!

 

 

 

シェアしてあげようじゃないか!ボタン

アンからのお知らせだッ!!


LINEスタンプ40個セット 好評!販売ちゅ~!
赤井アン プロフィールページ画像