リゼロの映画を見てきたネタバレ感想!ラムと入場者特典がすばらしく面白かったです『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』

リゼロ映画感想

リゼロの映画、ついに私の地元で公開されましたので、さっそく見てきましたよ!

前売り券を買ったので、特典の小説もGETですよ!!

リゼロ映画特典

 

まず、見てきた評価を一言で言わせてもららうと…

アン
期待と違った…

 

ぶっちゃけ、私にとっては残念な結果に終わってしまいました(汗)

というのも…私の望んでいたものと違ったと言うか。

今回のリゼロの映画って、完全なる日常編だったんですね。

私はリゼロの大味、鬱展開からの立ち上がりが好きだったわけで…。

 

そんな感じで、ほのぼのに肩透かし食らったものでして…。

個人的な感情もあり、かなり辛口のコメントになってしまいますが…

せっかく見てきたので、感想を書いていきます!

 

※当然のごとくネタバレオンパレードですので、ご注意ください。

 

鬱展開を期待して見に行かない方がいい

アン
この辺、辛口でいきますよ!

 

最初にも書きましたが、私のリゼロのイメージと違う。

これは私の事前の情報確認不足だったのもあるんですけれども…

今回のリゼロの映画は、日常の話です。

 

私の中のリゼロ像

私は、リゼロといえば鬱展開が大好きなんですね。

かなり追い詰められて、追い詰められて、そこまで追い詰めるか!!といったほどまで追い詰められ。

リゼロ15話ラスト

出典:長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

 

そこをなんとか乗り越えていく!という展開が大好きなんです。

なので、映画の限られた時間内で、コンパクトにまとめられているのかな?とぶっちゃけ期待していたんです。

 

戦闘シーンがない

PVを見ていると、ロズワールさんの戦ってるシーンがあるのですよ。

だから、ロズワールさんも戦うのかなとすごく期待したんですね。

 

この記事でも書いていますけれども…

アン
正直、ロズワールさんのために見に行った!

っていうのでも、過言でもなかったぐらいなんですw

 

その戦闘シーンが、まさかあんなにあっさり終わるとは…。

 

求めていたものと違った

つまり、そんな展開を期待していたんです、私は。

なのでものすごく肩透かし食らってしまって…。

 

もちろん、日常は日常でいいのですが…

私が約2時間内で鬱展開を克服する展開を、勝手に期待していたもので…

どうしてもそこと比較してしまって、なんか最後まで

アン
あー…

といった感じだったんです。

 

最初から日常の話として見に行っていたら、ここまで残念じゃなかったんでしょう。

と言うか、そもそも日常の話だったら映画館に足を運ばなかったとおもいます。

言っては悪いのですが、映画にするほどの内容じゃなかったんです。

 

私の中の映画とは?

映画の魅力といえば、

  1. 大きなスクリーン
  2. 大音響
  3. 短い時間(約2時間)で感動させるストーリー

と言ったのが、最大の利点だと思うんです。

 

つまり、映画らしい、

短い時間内にぎゅっと魅力を詰め込んだ作品じゃないと、私の中では映画とは言えないんです。

 

ぶっちゃけ今回の内容は、普通にテレビで放送してもいい感じの内容と感じていたんです。

本当にたわいのない感じの内容で。

 

画面映えする、派手な戦闘シーンもないですし。

あえて言うなら、ロズワールさんの戦闘シーン。

けど実はあれ、回想だったんですよね。しかも数分で終わるという。

しかも相手がパックだったとは、またこれ驚き。

 

上映時間も1時間と短いなとは思っていたんですけれども…

日常編だったら、納得の時間でした。

アン
ぶっちゃけ、リゼロ1話を映画館で見ていた方が楽しめましたね

 

今回の映画は、期待値とのギャップを感じてしまいました。

ギャップが大きく、ギャグですらいまいち笑えない結果になりました…。

 

つまり…

だただ残念という感想しか思い浮かばず、かなり辛口に書いていますが…。

期待していただけあって、それほど残念だったんです、本当に。

アン
自業自得なんですけどね…

 

私みたいに鬱展開を期待している方は、映画館に行くことは正直お勧めできません。

最初から日常編として見て行くんだったら、楽しめると思います。

 

あと、見に行った時に他の人の感想を聞こえたんですけど…

最後の方の、エミリアとレムの絡みシーンはかなりニヤニヤ出来るらしいです。

その辺に興味がある紳士諸君は、どうぞ大迫力の巨大スクリーンの劇場に行ってください(笑)

 

 

ラムが面白い

ネガティブな意見ばかり書いてるんですけれども、笑えるシーンもちゃんとありました。

それはラムの存在。

映画の内容は最初から最後まで、ぶっちゃけいまいちな感じだったんですけれども…(すみません)

ラムは面白かった。

 

正直、本編でのラムの存在は、私の中ではそんなに大きなものではありません。

むしろ、レムの方が好きなんですけどね。

けど映画の中ではラムの方が好きでした。面白かったから。

 

と言うか、逆にレムがちょっとイマイチかもしれない。

というのも、全てスバルを肯定するだけでセリフで終わってると言うか…。

もうちょっと自分の意思を大事にしようよ、と。

アン
ちょっとレムの存在が痛く感じてしまいました(笑)

 

逆にラムは、「これでもか!」と言ったほど我が道を進んでいました。

 

まず上映前から、映画を見るときの注意を、ミニキャラリゼロのキャラクター達が声をかけるんですね。

その時にラムが撮影禁止の紹介をするんですけれども、

「ラムの美しさを撮りたくなるのはわかるけれども、止めなさい」

みたいなセリフからまず笑いました。

 

そして今回は寒さがテーマなので、寒さに弱いラムは布の中にくるまるんですけれども…

その布が分厚くて面白くてw

 

そして、相変わらずバルス(スバル)に対して冷たい態度を貫く。

1つ1つのせりふが面白かったです。

アン
「はんっ!」とスバルを見下す、ラムの声優さんのすごさが素晴らしかった…!

 

あと、「からの~?」は、ちょっとラムらしくないけれども、あそこも好きですw

なにげにお酒が強かったりとか、ロズワールのあの謎の儀式にちょっと顔が赤くなっていたとか、色々可愛かったです。

出典:長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

アン
ラムのための映画だったんじゃないかな?ってくらい

 

この映画を見ていて、ラムのことが好きになりました。

逆にレムは…まあ本編で可愛いからいいか。

レムは、あの予告にあった犬のシーンが、まさかこんな感じで出てくるとは…

ぶっちゃけ、無理矢理感を感じてしまいました(笑)

 

ところどころ気になるシーンが有る

「おっ」と感じるシーンが、ちょこちょこありましたね。

  • スバルの目覚ましアラームになっている音楽(白鯨戦の熱い火蓋)
  • ロズワールの発魔期の発散方法
  • ロズワールのおばあちゃん?の存在
  • ベアトリスのお母さんの話

などなど。

 

あと、最後の最後にペテルギウスさんがちょっとだけ出てきたりとか。

ぶっちゃけ、最後のペテルギウスさんが一番嬉しかったかもしれないw

私、ペテルギウスさんが大好きだから。

 

アン
こういった遊び心を含めた展開は、面白いです!

 

終わりに

申し訳ないのですが、かなり辛口に書かせて頂きました。

本当に調べなかった自業自得なんですけれども、リゼロのコレジャナイ感がすごいと言うか。

リゼロに鬱展開がなかったら、こんな感じなのかな~とは思っていました。

アン
それだったら私…多分リゼロ見てないかも(笑)

 

あの困難を乗り越える姿が素敵なんです、リゼロは。

その困難がある中に、ギャグがあるから面白いんです。

メリハリですね。

ちょっと期待を高くしすぎて、見に行ってしまっていました。

 

第2弾の制作が発表されていますが…

申し訳ないですが、私はもう劇場では見ないと思います(汗)

アン
鬱展開だったら行きますがw

 

日常編を楽しみたい方は、ぜひ映画を見に行ってほしいです。

ただし私のように鬱展開の内容を求めているのなら…

正直、肩透かしをくらいます…。

アン

けど、特典の小説は日常だけどすごく面白かったです!正直に言うと、映画より楽しめましたw

これをもらえただけでも、映画に行ってよかったかも。

 

入場者特典が素晴らしく面白かったので、記事にしました。

何事もやっぱり、楽しんで見るのが1番です!

 

リゼロ関連で熱く語ってみました

 

 

赤井アンからのお知らせ♪


LINEスタンプ40個セット 好評!販売ちゅ~!
赤井アン プロフィールページ画像