命の大切さをぐっと感動しながら学べる鬱フリゲ「ママにあいたい」について語る!

ママにあいたい 6番目

アン
重いテーマって良いよね!って笑顔で言いたいアンです!

 

鬱ゲーと言っても、色々あるけど…

まさか、生まれる前の話で鬱展開が描かれるなんて誰が思った?

普通、赤ん坊のときは真っ白な無でキレイな存在じゃん?

けど、生まれる前から、もうすでに真っ黒な鬱状態を経験するって…

 

もうそれだけで鬱じゃないか!!

 

アン
そんな生まれる前の存在の物語「ママにあいたい」の鬱っぷりを語っていくぜ!

 

※ガッツリネタバレが含まれますのでご注意ください。まぁ…この記事にたどりついちゃった方は、ストーリーを知っている方ばかりでしょうがw

 

「ママにあいたい」オススメ鬱ポイント

ネタバレ!鬱ポイント

  • 五体満足ではない兄弟
  • 4人目の存在
  • 「いらない子」という存在
  • カンシの存在
  • 母親を恨んで生まれてくるエンド
アン
1つ1つ、ぐっと語っていきますよ~!

 

五体満足ではない兄弟

主人公は「脳がたりない」状態。………は?

さらに両腕がない。

…え?腕がないってどういう…ことだってばよ…?

 

アン
開幕数秒でもう鬱展開か~い!!

すごすぎでしょ、この圧倒的な鬱の表現方法!!

世界で1番早い鬱展開なゲームじゃないのか?(しらんけど)

 

いや、待て待て待て。

「開幕数秒鬱展開、ブラボー!」って鬱ゲー好きとしては称賛したいけど、している場合じゃない!

 

赤ん坊はまださぁ~、傷一つ出来てない状態じゃないの…?

えっ、カンシにもぎとられている?……おっ、おう…。

さらに、双子のお兄ちゃんも、両足がないとかさぁ…えっ右目も?

 

何だこのゲーム、俺達の常識が通用しねぇ…!!

 

「オラ、わくわくすっぞ…!」

と、純粋に歪んだ悟○みたいな鬱ゲープレイヤーを、秒で歓喜させる神ゲー。

…それが「ママにあいたい」である。

 

 

 

 

4人目の存在

いきなり鬱のキーキャラの話するけど、彼?の存在って切ないよなぁ…。

色々みんなにひどいことをしていたけど…その行動自体は許されることじゃないかもしれないけど、それほど苦しい思いが強かったんだと思う。

わし、こういう「世界を憎んでいる、痛々しい行動をしてしまうキャラ」憎めないんだよ…。

むしろなんか、「救われてほしい」って思っちゃうんだよなぁ…。

 

さらに、みんなそれぞれ、かな~~~~り重い立場だけどさぁ、彼だけは…1番批判される容姿だった。

単眼は現実でありえるのかどうか?はわからないけど、やっぱり実際にそういう人が居たら…怖いと思っちゃうと思うんだよね…。

さらに、父親?の存在が、はっきりとは表現されていないけど、おそらく…な人物でしょうし…。

 

「誰の不幸が一番上か?」とか、競争させること事態が愚かなんだろうけど…

彼を追い詰められて、ここまで行動させてしまうぐらい、1番辛い苦しみを味わったコじゃなんじゃないかな…って。

ただ、意地になって不器用になっているだけで、本当は純粋なやさしさとかも持っている気がするんだよね…。

純粋な「無条件の愛」をくれる人がそばにいれば、可愛くなついてくれるキャラに感じたんだよねぇ…。1番目や2番目のお姉ちゃんの愛とかさ…。

 

純粋すぎるがゆえに、傷つきやすくて、脆い。そんなキャラに見えていました。

最初からクズとか言われる人なんて居ないよ。

 

「いらない子」という存在

彼らが出来た理由、めちゃくちゃ悲しいんだよ…。

つまり、ガチでママにとって「いらない子」って思われていたわけよ。

望まれずに生まれる…例えそうだったとしても、彼らが幸せになっちゃいけない権利なんて、誰もないんじゃないのか…?

兄弟たちが明るく楽しいから忘れがちだけど、重い宿命背負ってんだよなぁ。

 

彼らってほんとうに良いコ達なんだよ…!!幸せになってほしかった。

アン

なんか普段は、思うがままふざけた書き方しているけど、このゲームはあんまりふざけて書きたくない…!

(最初の方ふざけとったやんけ)

 

カンシの存在

このゲームのラスボス的存在。

ガチで命を狙ってくる…というか、生まれる前からブッコロしてくる無機質な道具。

まぁそれを使ってブッコロしているのは、人間なんだけどねぇ…。

 

場合によってはしょっぱなから出会えるけど、ただのホラーゲームだろこれ!!トラウマになるわ!!

エンディング3とか、一番怖かったからね。

にいちゃん(5番目)の絶望の姿から(背骨がエグかった…)、ごりゅって音で、あの最後の1枚絵。

 

「あ~これぞ鬱ゲーだな~!」
って思いました(ゲス顔)

 

母親を恨んで生まれてくるエンド

ハッピー?エンドかと思ったら、最後の最後にやってくれたw

彼の正体は4番目なのか?解説はなかったけど…おそらくそう…だよね。

これで彼の心は救われたんだろうか…。なんかもう、色んな意味で切ないわ(涙)

 

最初から最後まで鬱展開。

このゲームは立派な鬱ゲーの模範作品である。100点満点だ!!

すべての鬱ゲーを作りたい方々、この法則おぼえておいてください。テストに出ます。(?)

 

【関連記事】

▶やみつきになる!オススメ神鬱ゲー(商業)を紹介していく!

▶心をつかむ!鬱ゲー(フリゲ&インディー)を紹介してく!

 

シェアしてあげようじゃないか!ボタン

アンからのお知らせだッ!!


LINEスタンプ40個セット 好評!販売ちゅ~!
赤井アン プロフィールページ画像

ABOUTこの記事をかいた人

最初はアニメブログのつもりでしたが、今は「ゲーム・マンガ・アニメ」などなど、とにかく好きなものを自由に詰め込んだ闇鍋ブログになっとります。かわいい癒やしも、ダークな鬱世界も好きな雑食です。不定期に気まぐれで更新。何でもありが許せる器のでかすぎる方はぜひ楽しんでってください。