これが鬱ゲー好きの琴線に触れるぴったりな作品だ!「リンダキューブアゲイン」について思いのまま語る!

リンダキューブアゲイン ネク

アン
よくあるおきれいな世界観より、アブノーマルなぶっ飛んだ世界観のほうが大好きなアンです!

 

「リンダキューブは、怖いポケモン」

とかさぁ、ニン○ンドーに怒られるぞ…!

けど、なんつーわかりやすい表現を考えてくださったんや…!好き!

今回は、そんな怖いポケモンの鬱ポイントを語っていこうと思う!

 

ゲーム実況を見たので、自分ではプレイしていないです。

けど、リンダキューブの世界観への愛は本物!

ってことで、重い愛をぶちまけていきます!!

 

※ガッツリネタバレが含まれますのでご注意ください。まぁ…この記事にたどりついちゃった方は、ストーリーを知っている方ばかりでしょうがw

 

「リンダキューブアゲイン」オススメ鬱ポイント

ネタバレ!鬱ポイント

  • 「愛し合う二人はいつも一緒!」
  • 「3・2・1・撃て!」
  • 「メリークリスマス!」
  • 「サチコでどうだ?!」
  • 102号室
  • ビースチャンが若さの犠牲になる
  • リンダの両親が襲われる
  • リンダが両手足を切り落とされ、片腕が筋骨隆々の父親の腕になる
  • ネク・サチコ・エモリ・ヒュームの生い立ち
  • 動物が飛び散る
  • ゾウモツ
アン
この一覧を見ているだけでホラーだね!

もっと詳しいホラーを語っていくぞ!

 

「愛し合う二人はいつも一緒!」

リンダキューブ鬱名物コンビその1、ヒューム&アン氏。

うん、この言葉だけを聞いたら…美しい愛できれいな言葉だよね。

もしくは正反対な、アブノーマルなエロい言葉だよね。

けど、リンダキューブのこの言葉はどっちでもないよね!

 

「愛し合う二人はいつも一緒!(物理)

 

だよね!!!!!

肉体がくっついちゃったね!エロい意味じゃなくて、ガチで離れられなくなっちゃったね!!

美しい愛(正)でも、欲望にまみれた(悪)でもない、中間の純粋かつ理論的な愛を表現してくれたよね!!

 

なわけあるか!!!!

 

理論的?ヤクでぶっ飛んだ歪んだ愛じゃ!!

なぜコレを思いついてしまった?なぜ想像の世界で止めなかった?鮮やかに実現化しちゃった!?なぜこれを商業用ゲームにしてしまった?

それが1番狂っているよ!!どーなってんだよ、この世界は!!?

 

我々アブノーマルのために……

勇気を出して作ってくれて、本当にありがとうございます!!!!

 

「3・2・1・撃て!」

リンダキューブ鬱名物コンビその2、エモリ&サチコ氏。

耳にキリキリと謎のアイテムをぶっ刺すと…?

あら不思議、美少女が戦隊モノシリーズに出てきそうな怪人に大変身★

さらに、「3・2・1・撃て!」の掛け声でビームまで出せるよ!!注射を打つ掛け声にもピッタリ★

 

鬱ゲーでまた、恐怖のカウントダウンが爆誕してしまった…!

 

「メリークリスマス!」

リンダキューブ鬱キャラ、ネク氏。

クリスマスでもないのにサンタ姿で登場し、初見で「こいつヤベーやつだ!」とインパクトを与えてくれた彼。

大丈夫。期待を裏切らずぶっとんでるよ。

楽しいクリスマスでも、こーも不気味に演出できるとは…天才かよ!

 

 

 

 

「サチコでどうだ?!」

エロなのか、ギャグなのか、複雑な感情を与えてくださった素晴らしきムービー。

自慢の愛娘(作品)を、婿候補ケンにアピールする、親なりの最大のプレゼン(応援)…!

なんなのだこれは、一体どうすればいいのだ!?どう反応すりゃいいのかわからんわww絶句するわww

「笑エバ エエンヤデ!」

 

102号室

「Aシナリオ」のすべての事件は、ここから始まった…!!ってぐらい事案しかない恐怖の部屋。

最初の方から出てくるワードで、「ヤベーサンタが言う言葉なんだから、絶対にヤベーことしか待ってないんだろう…」っていう、知りたくないけど知りたくて仕方がない気になるイベント。

ついにそのイベントとご対面し、扉を開けてみれば…(っていうか2Dゲーム画面はすでに扉の先見えてんだがw)、ムービーだよ…!

 

……ヤッちまったなぁ!!

 

ビースチャンが若さの犠牲になる

エリザベス社長のこじれた恋心の犠牲になった、ビースチャンの人々。

ゲームは2Dなので、社長の家に謎のビースチャンたちが見える時点で、嫌な予感はするんですよね…。

社長のために、ネクが実行しているってところが…狂気が狂気の連鎖につながっちまったんだよ…。

パンハイム博士が勇気を出して告白していたら、Cシナリオみたいな幸せな時間を過ごし、こんな結末にならなかったのかもしれない…。

 

誰だ、こんな話考えた人は!?

極上の鬱をありがとう!!

 

リンダの両親が襲われる

リンダの両親、なんでこんな悲劇しか起こらないんだよww

Aシナリオでは、二人が愛し合っちゃった(物理)し…

Bシナリオでは、幸せ絶頂なときに謎のバケモンに襲われて■の穴が空いちゃうし…

しまいには、ゾンビになって「リンダァ~…」ってバトルになるし…

 

冒頭のムービーから嫌な予感はしてたけどさぁ…

とことん、トラウマにしてくれるなぁ、全く!!(血涙)

 

リンダが両手足を切り落とされ、片腕が筋骨隆々の父親の腕になる

直接その描写がないのが救いだけど…文章をサラッと読んだだけでホラーだっての!!

しかも、他の部分がなんとかなったのは奇跡だけど(サチコ父の自作自演だけどなぁ!)、腕がまさかのムキムキ。

それも亡くなった父親の腕だという。

 

………いやいやいや、これリンダの心がぶっ壊れないほうがおかしいだろ!!

 

  1. これから幸せ生活…と思ったら地獄生活のギャップ
  2. 両手足を切り取られた痛み、絶望
  3. 両親が襲われて亡くなる
  4. かわいらしい女性なのに筋肉ムキムキ&亡くなった父親の腕

 

なんだこの地獄のカルテット

わしやったら、1つでも起きたら精神崩壊するわ。

 

けどリンダはたくましく、親の敵討ちのために旅に出るんだよなぁ…。

しかも、父親の腕が便利だとも言っちゃう。どんだけ鋼メンタルだよ。

……と思ったけど、実はやっぱり心細くなってなって、ケンの前だけは泣くんだよな…。

アン
わいも泣いたわ

 

 

 

 

ネク・サチコ・エモリ・ヒュームの生い立ち

ぶっ飛んだ人が多い(多すぎる)、リンダキューブの登場人物たち。

だけど、そんな狂人たちの行動も、やっていることは許されないことだけど、どこか憎めない。

悲しい生い立ちからくる、奇行(きこう)だから。

グロテスクが目立つけど、何気に人間の本質を描いた…人間らしい人間ドラマを描いていると思います。

 

「普通の常識を持っている人」からすると、彼らの奇行は「人間のクズ」って思われるかもしれないけど…

地獄しかない環境によっては、誰もが似たようなことをやりかねない。

地獄から抜け出すため…自分の幸せのために、他人を自分の幸せにつながる道具にする。これが人間の本質とも言えるよなぁ…。

これぞ鬱ゲーの根幹とも言えるかも。

アン
巻き込まれた方は、たまったもんじゃないがw

 

けど、すんげー重いテーマでも、ところどころシュールなギャグが、どこか緩衝材になっていいバランスだと思いますw

そして、主人公ケンの育ての親である母親は、肝っ玉かーちゃんで、あったかい聖母である。

かーちゃんみたいな人の元で生きていたら、みんなスミレやヨシコみたいに本来のあったかい人になれるのかなぁ…。

 

動物が飛び散る

これは物語じゃなくて、システムの文章だけど…

動物捕獲には、攻撃力が高すぎると動物の肉体が…

こんな小さなところでも、鬱要素が散りばめられてんのねw

モン○ターボールの捕獲から逃れるためのうごうごが、いかにカワイイか比較されるなぁ~、全く♥

 

ゾウモツ

なんて直球的な名前の動物?だよwwもはや動物でもないしww

タダでさえグロテスク…キモかわいい動物オンパレードの世界で、群を抜いてぶっ飛んだ動物(?)。

こんなんが急に目の前に現れたら、発狂するわ!!

別の意味では、愛の巣に現れたウジの存在も発狂もの。部屋にあんなんが大量におったら気絶するわ…。

 

何度でも言うけど、なぜこんなことを考え、数々の鬱要素を「どうだ!」と詰め込み、現実に実現してしまったッ!!

最高の鬱を、ありがとうございます!!

 

【関連記事】

▶やみつきになる!オススメ神鬱ゲー(商業)を紹介していく!

▶心をつかむ!鬱ゲー(フリゲ&インディー)を紹介してく!

 

シェアしてあげようじゃないか!ボタン

アンからのお知らせだッ!!


LINEスタンプ40個セット 好評!販売ちゅ~!
赤井アン プロフィールページ画像

ABOUTこの記事をかいた人

最初はアニメブログのつもりでしたが、今は「ゲーム・マンガ・アニメ」などなど、とにかく好きなものを自由に詰め込んだ闇鍋ブログになっとります。かわいい癒やしも、ダークな鬱世界も好きな雑食です。不定期に気まぐれで更新。何でもありが許せる器のでかすぎる方はぜひ楽しんでってください。