過去に入力した文字の履歴を削除する方法【Google chrome(グーグルクローム)版】

黒歴史削除

文字履歴機能は、とても便利です。

黒歴史

検索文字

アン
どうでもいいけど、画像の「検索してはいけない」って気になる…

 

前に調べた文字が、一変検索した文字を入力すると、ぱっと出てくる。

再度キーボードを、たたかなくてもいいメリットがあります。

 

しかし、これは個人で使うときのみの恩恵。

 

「ちょっとPC貸して~」

と気軽に貸し、入力文字に字を入れると…

 

過去調べた文字履歴がバレる可能性がw

恥ずかしいキーワードだと、発狂モノですねw

そんな発狂を防ぐ方法を書きます。

 

※この記事は、

  • Googlechrome(グーグルクローム)
  • PC版

の方に向けに書いてます。

 

【PC版】入力文字の履歴の消し方

ざっくりとまずは流れを書きます。

  1. グーグルクロームのブラウザを開く
  2. 設定を開く
  3. 詳細設定を開く
  4. 閲覧履歴データを消去するを開く
  5. 自動入力フォームのデータにチェック
  6. おしまい

 

簡単なので、一緒に進めていきましょう!

 

1:グーグルクロームのブラウザを開く

まずは、グーグルクロームのブラウザを立ち上げてください。

 

2:設定を開く

画面の右上にある、点が縦に3つ並んだアイコンをクリック。

黒歴史

 

ぺろっと下になんか出てくるので、「設定」をクリックしてください。

黒歴史

 

3:詳細設定を開く

一番下にスクロールすると、「詳細設定 ▼」

黒歴史

というのが現れますので、クリック。

 

4:閲覧履歴データを消去するを開く

プライバシーとセキュリティのカテゴリに入っている、

一番下にある「閲覧履歴データを消去する」をクリック。

黒歴史

 

5:自動入力フォームのデータにチェック

 

ここは、ちょっといろいろあります。

1つ1つ解説しましょう。

 

黒歴史

解説

 

1:次の期間のアイテムを消去:

まず、一番上にある「次の期間のアイテムを消去:」。

これで期間を選びます。

最初は多分「1時間以内」になっていると思います。

 

これだと、1時間以内に検索したものだけが消える設定に。

「過去の入力文字を全部消したい!」

という場合は、「すべて」を選びましょう。

 

アン
私の場合、よくわからず1時間以内を選んでいて「消えねェw」と焦ったのは秘密だw

 

 

2.自動入力フォームのデータ

そして、ちょっと下の方にある「自動入力フォームのデータ」

左の所にある、チェックマークを入れます。

 

これで、文字の履歴が消えます!

 

 

3.cookieと他のサイトデータ

これで入力履歴が消えるのですが、ちょっと待ってほしい。

もしかしたら、最初から「閲覧履歴」とか「cookieと他のサイトデータ」とかにもチェックが入っているかもしれない。

 

これが入っていると、

文字の通り、閲覧履歴やcookieの履歴が消えます。

 

閲覧履歴はまぁいいとして、cookieが面倒なのです。

 

ざっくり解説!

cookieの役割とは?

パスワードなどの情報をブラウザに記録してくれる。次回ログインする時、自動で入力してくれる神機能

 

「セキュリティ的に怖い…」

という方は、そのまま消してもOK!

 

しかし、ぶっちゃけ個人的には超便利。

超絶めんどくさがり屋さんには、cookie削除はあまりオススメできませんw

 

なので、

超絶めんどくさがり屋さんは、

cookie削除のチェックは外しておきましょう!

※私は今のところ一度も被害ないですが、自己責任でお願いしますw

 

 

4.閲覧履歴データを消去する

設定ができたら、「閲覧履歴データを消去する」をクリック。

これで、文字の履歴も消えます!

 

アン
おめでとうございま~す

 

 

余談ですが、マメにコレをやっておくと、ブラウザの負担もちょっと軽くなります。

月に1回ぐらいするとブラウザに優しいかも。

 

 

おわりに

これにて、文字の履歴の消し方終了です。

結構こういう場合あるのですが、その度にやり方忘れているので調べるんですよねぇ…。

こういうメモは大事だと!書いたのでした。

 

お役に立てる方がいれば、幸いです^^

赤井アンからのお知らせ♪


LINEスタンプ40個セット 好評!販売ちゅ~!
赤井アン プロフィールページ画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です