目標に向かってぶれずに行動する方法3

 

◆この記事は、「どうすれば目標に向かってブレずに行動できるか?」を語ったシリーズです。

 

 

「目標を達成できる人になる」

どのように考えて行動していくか?

基礎力と応用力が自立につながる

「結果を出すには、スキル・知識が必要!!」
たしかに大事。だけどソレだけでは結果は出ない。
間違った方向に行くと、一時的な結果や、詐欺師になる可能性も…?

《例》ネットビジネスで有料商材を販売
スキル・知識を使って、詐欺商材を煽って商売!
「売れた!」しかし、一時的…、長続きしない…

ビジネスの本質は価値と価値の交換

お客さんは、価値に対してお金を払う。
自分の持っている「価値・能力」を提供するには、何が必要?

目標を達成出来るようになるには「人間力・人格=土台」が重要!
土台がしっかりしていれば、正しい方向に進むことがデキる。
「知識・スキル」という道具を使い、更にスムーズに物ごとが進む!

 能力  
 人間力/人格 
※土台がしっかりすると、上の能力も安定する

「人間力・人格=土台力」を磨くには?

『全ての原因は全て自分にある』と思って行動できるかどうか?

  • 人間力が高い考え…本気、素直、真面目、積極的、真剣
  • 人間力がいまいちな考え…適当、意固地、不真面目、消極的、怠慢

残念ながら、環境や人のせいにすると、レベルアップは難しいです。
ですが、全てを自分のせいにして抱え込む必要もないです。
他人をコントロールするより、自分をコントロールする方が成功への近道です!

「人間力を鍛える訓練!」

・人を助ける
・応援する
・人を導く
・応援する
・自分も他人も愛する
・他者・社会共バランス関係を保てる

「具体的な行動」

「学んだことをアウトプットしよう!」
ブログなどで、学んだことをすぐにアウトプット!
その情報で助けられる人もいるし、自分のアウトプットにもなる♪

継続する練習にもなる!
「誰も見向きもしないよ…」⇒誰もがそこからがスタートライン!
あまり気にせず、まずは人格/人間力を磨く、人を助けるという思いでやりましょう♪

インプットとアウトプットは、1セット。

《まとめ 目標達成できる人になる》

  • 結果を出すには「能力」も重要だけど、まずは「人間力」の土台が必要
  • 人間力は「原因は自分にある!」という考え方が重要
  • 人間力を鍛えるには「学んだことをアウトプットすること」

 

《課題》
被害者意識で失敗した経験は?
その時、主体者意識(自分が原因と考える)だったらどんな結果になっていた?
予想される結果の違いとは何か?具体的にアウトプットしよう!

 

(赤井アンの場合)

Q.被害者意識で失敗した経験は?
母親と会話中、説明が理解されずに
「母の理解力が足りないのが悪い!」と暴言で母親を傷つけた。

Q. その時、主体者意識だったらどんな結果になってた?
たぶん、うまくコミュニケーションが交わされていた
本当にちゃんと誰でもわかるように説明できていたのか?
独りよがりで、ただのプライドの道具にしていないか?
もっと自分と向き合うことが必要だと思います。

 

もっと頑張りましょうw
まずは、今の自分の考え方に「気づく」ことが重要かも。

 

目標に向かってぶれずに行動する方法4

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA