歯医者は虫歯治療だけじゃない!歯医者さんで教えてもらったこと

歯医者知識をマスターしよう

ぶっちゃけ歯医者って、

虫歯になった時だけ行く所

と思ってました。

 

けど、歯のプロなだけあって、

色々な知識を教えてもらったり、定期検診の大切さを知りました。

 

今日は、実際に歯医者で体験したことを交えながら、

歯の知識について語っていきます。

 

歯医者で教えてもらったこと

先程も書きましたが、

「歯医者は虫歯を治してもらうところ」

という考えの方が(私含め)多いと思いますが、

行ったことで知識をたくさん入りました。

 

  • 歯の磨き方
  • 歯周病について
  • 定期的なブラッシング(定期検診)
  • 親知らずの必要性

 

など、いろいろメリットもあります。

 

虫歯よりも怖い歯周病

虫歯は痛みがあるので恐ろしいのですが、

それ以上に強いのが歯周病

 

ざっくりいうと、歯茎が弱っているということですね。

実はこれが原因で歯が抜けたり虫歯になったりするらしいのです。

 

歯茎があるから歯を支えることができるのですが、

歯茎が弱ると歯を支えられなくなり、最悪抜けます

 

アン
本当に怖いですね

 

歯茎が赤くなっていると危ない状態ですが、見た感じよくわかりません。

だって歯茎って赤いじゃん。

こればっかりは専門家に見てもらったほうが良いです。

 

自分の歯にあった歯磨き方

綺麗に歯が並んでいる人なら大丈夫なのですが、

やはり綺麗に生えそろっていないと、磨き方が難しい。

人それぞれ歯並びが違うので、歯磨きの方法も変わってきます。

 

私は歯医者さんで自分の歯の磨き方を教えてもらいました。

歯磨きって適当にしていたのですが、いろいろルールがあるみたいです。

 

力を入れすぎない

持つ力は、ぶらぶらする程度の力でいいみたいです。

歯を磨くのではなく、歯茎と歯の間を磨くということが大事!

虫歯は主に、歯茎から来るみたいです。

 

奥歯の磨き方

奥歯の方は、意識して磨かないと届いていない。

なんとなく磨いているんですけども、意外と届かないんですよ、これが。

本当に意識して「磨けました!」ぐらいじゃないと、全然磨けていないようで。

 

アン
私の場合、虫歯予備軍になっているそうです

 

奥歯の裏側まで磨く

実は、歯が生えている奥歯の裏の方まで磨く必要があるようです。

コツとしては、口を開くか閉じるか、中途半端ぐらいの口を開ける(笑)

これで、裏まで磨けます。おためしあれ。

 

下の歯はたて磨きで

下の歯の真ん中は、縦に磨くと良いそうです。

 

アン
いろいろと教えてもらえるのは嬉しいのですが、指導料取られるみたいですw

フロス

糸状のもの、取っ手がついているもの色々あるみたいですね。

 

  • やりやすさ重視→取っ手があるもの
  • コスパ重視→糸状のもの

 

と、各目的ごとのご利用をおすすめです。

 

歯磨きだけでは、どうしても取れない歯と歯の間の歯石。

これはもうフロスしかないです。

私の場合、糸状のものを歯医者さんでもらいました。おそらく有料(笑)

 

実践

糸状のフロスの、実践方法をお伝えしますね。

 

  1. 糸をある程度切り(私は10cmぐらいで切る)
  2. 歯と歯の間に突っ込む!

これだけ(笑)

 

ぶっちゃけ最初は、

「つっこむことで隙間ができて、逆に詰まりやすくなるんじゃないか!?」

と思ったのですけども、

歯の間に詰まっている歯石を取り除くので、逆に綺麗になる。

よく考えたら当たり前ですね(笑)

 

何回かやっているうちに慣れてきます。

それに歯石が取れる分、引き締まる気がする。

歯と歯茎の間を小刻みようにやると綺麗にとれます。

 

親知らず

上下左右にの一番奥に生えている、歯親知らず。

実はコレ、現代人には不要な歯らしいのです。

 

と言うのも、

現代人は柔らかいものばかりを食べているので、

あごの発達が弱く、歯のスペースが狭くなっているみたいなんです。

 

だから親知らずが邪魔らしく、抜いた方がいいらしいとのこと。

変に親知らずが歯茎から飛び出してきて、

健康な隣の歯を傷つける恐れがあることがあったりするため、

ぶっちゃけ、爆弾を抱えてるようなものらしいです。

 

害がないもありますけども、

「害があるかもしれない」という不安が恐ろしいので、

私は抜くことを決断しました。

 

ちなみに抜くなら、若ければ若い方がいいみたいです。

理想は20歳を超えたらあたりとか。歯の成長も終わった頃ですね。

まだ歯茎も柔らかく、抜いたあとの修復も早いらしい。

 

ちなみに、私の知り合いの方は、

60歳で親知らずで痛みだして抜いたらしいのですが、

とんでもなく痛い思いをして、苦労したようです(汗)

 

私が抜いてきた詳細は、また別記事に書きます。

 

定期検診

私は半年に1度、定期検診に歯医者に行くことにしています。

正直、めんどくさいし、お金もかかるので嫌!(笑)

 

ですが、将来的に考えると、

アン
取り返しのつかない虫歯で食べるのも辛い!

といった状態が、食べるのが大好きな私からすると、最も辛い。

 

それを予防するためにも、定期的に通うことにしています。

まぁ、歯の健康診断みたいなものですね。

2017年現在、今年で3年目です。

 

行くたびに歯茎がパンパンに腫れ上がってるそうで、

毎度1時間ぐらいかけて綺麗にしてもらっています。

だいたい2回ぐらい通います。

 

半年に一度でも歯のお掃除をしてもらうと、

キレイな歯茎が維持できるようで助かっています。

虫歯は歯周病から来るので、早期発見もデキますしね。

 

ただ、向こうは歯のプロなので、

ビシバシ「ここが問題あり!」とご意見頂けるので、覚悟はしてください(笑)

 

まぁ、虫歯事件でえらい目にも会いましたし、

私はソレに比べたら軽いもんです。

このことも別記事に書きます。

 

歯ブラシと歯磨き粉を貰える

あくまで私が通っているとことでですが、毎度貰えます。

地味に嬉しい。(有料だろうけど)世の中カネよ!

 

おわりに

以上、歯医者さんで学んだことでした。

全く通ったことがない人は、もしかしたら、

「穴が開く寸前だった…」という歯があるかもしれません(笑)

 

そのためにも、1度行ってみることをおすすめします!

 

 

赤井アンからのお知らせ♪


LINEスタンプ40個セット 好評!販売ちゅ~!
赤井アン プロフィールページ画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です