【感動ゲームランキング】ゲームニーアレプリカントの感動シーンベスト5!Eエンドのその後のカイネさんを想像すると切なすぎる…

ニーアオートマタ感動ベスト5

心が動く、感動ゲームのうちのひとつニーアレプリカント。

続編でニーアオートマタも出ていますが、個人的にはレプリカントの方が感動していました。

曲はもちろん、胸にグッと響くストーリーがたくさんあるんですよね!

アン
とにかく切ないという言葉がふさわしい!

 

そんなニーアレプリカントの、個人的な心が動いたシーンベスト5を語っていきます!

※当然のごとくネタバレ満載です!

 

5位:「とてもかっこいいです」

仕方がなかったこととはいえ、カイネをエミールの石化の目で石化させてしまった。

その責任感もあり、エミールが石化したカイネを助けるために見つけ出した、石化を操る情報。

それは、エミールの悲しい生い立ちを知ることになるんですよね…。

 

じわじわと残酷な真実を知り、自分が実験体の兵器だと知った時…エミールの感情が爆発。

しかし、ニーアはそんなエミールを安心させるんですよね。

「大丈夫だ。エミールが何者であっても、エミールがなんであっても、俺達がついている」

 

ニーア、イケメン過ぎるだろう!!

アン
この時点で、涙腺に来るわ

 

そして、石化の能力は、同じく実験体にされていたエミールのお姉さんの暴走を止める為だった。

その、実験のせいで化物のように変形してしまった、最強のおねえさんとニーアは戦う。

エミールは実験体のおねえさんに取り込まれ、人の姿となったお姉さんが現れます。

アン
この時のお姉さんの表情が何とも言えない…!

こんな状態になっても、エミールに力を貸してくれるとは…!!エミールのこと大切に思ってたんだろうな…

 

そしてエミールは、おねえさんの力を手に入れることができたんですけれども…

それは人の体を捨てるということだった。

醜い姿になってしまいエミールは動揺するんですよね。「ぼくをみないで」と。

 

このときのエミールの心情…!

エミールはニーアが大好きなので(♂の意味で)、より見られたくなかったワケで。

特にエミールの人の姿は美少年だったですしね。

 

しかし、ニーアははそんな器の小さい男ではなかった。

エミールを優しく抱きしめ、おかえりと出迎えてくれるんですよ!

よく頑張ったと褒めてくれるんですよ!!

本当、エミールはこのニーアの言葉に、どれだけ救われただろうか…!!

アン
エミールじゃなくても、惚れるわ!イケメンだしな!!声優の遊佐浩二さんもこれまた最高の演技で

 

その後の、石化を解除した時のカイネさんも素敵すぎる。

ガイコツ姿でもまったく拒絶せず、すぐにエミールだとわかったし。

これは、カイネさんの拒絶された生い立ちにも関わっていますよね。

 

アン
本当に、この3人+本が大好き

 

4位:「ずっといっしょにいてくれて……ありがとう」

Aエンドは正直、あまり世界の事情わかっていないので、なんとなく幸せそうになるシーンでした。

本当は、これからが本当の地獄なんですけれど…ね。

アン
知らないと幸せとは、ことことか…

 

しかし、Bルートになると、魔物たちの素性が分かり…

とても切ないストーリーになっていくんですよね。

そしてエンディングは、魔王視点で入っていきます。

 

ラスボスであった魔王。彼はじつはニーアオリジナルだった。

今までのニーアの行動は、ただ純粋にすべて妹のヨナを助けるため。

アン
互いにすれ違い、奪い合いみたいな感じで…何とも切ない!

誰だ、こんな世界にしたのは!(DODのDエンドをクリアしたプレイヤーとも言えるw)

 

けど、ヨナを助けることはできなかった。

三角座りでうずくまって、そんなダメなお兄ちゃんを、責めて、責めて…

アン
もうニーアを開放してあげてよ!許してあげてよ!

 

しかい、ヨナの声が聞こえてくるんですよね。

オープニングのニーアたちに戻る演出が、これまた…!

クッキーを半分こして、「ずっと一緒にいてくれてありがとう」ですよ!?

 

なんてシンプルで美しい言葉なんだ

 

他に何もいらない。

ただ一緒にいてくれただけで、とっても素敵なヨナのお兄ちゃん。

 

ここで、魔王ニーアの今までの行動全てを肯定してくれるような…

そんな救いのある言葉に聞こえました。

この言葉を聞きたいがために、頑張ってきたみたいなね!!

 

これはこれで2人は幸せだったんじゃないだろうか?と思わざるにはいませんでした。

 

3位:「あなたにもう一度…あい…たい…あなた……に…」

ポポルさんVSエミール。

 

デボル&ポポルも、悲しい宿命の元に作られたアンドロイドだったんですけれども…

監視していた対象者たちが危険な状態になったため、動きですんですよね。

しかし止めきれず、双子のデボルは絶命してしまう…。

いつもは冷静で穏やかなポポルさんが取り乱すんですよね。

アン
このシーンが悲しすぎたよ…!自分の片割れを失ったみたいなこのシーン…!同じ声優さんなのにこの声の違い!

 

ニーアは、「もうやめよう」というんですけれども…

やめられるわけないですよね。

この言葉が、ポポルさんのスイッチを入れてしまった。

理屈ではわかるけど、感情が抑えきれない。ここで止めてしまったらデボルの死とは一体何だったのか?

 

そりゃ、そうなりますよね…。

けどニーアの言いたいことも分かるんですよね…。

こんな悲劇を続けたって、何にも得られないって…。

 

ポポルさんも、その気持ちにはわかっていたんですけれども…

どうしても、目の前のデボルの姿しか映らなかったんですよね…。

 

そして暴走してしまうんですよ。

「もうおせぇんだよ!!」と。

アン
この言葉すごかったです!始め聞いた時は衝撃的だった!

ドラマCDでパロディ的に「すべてを破壊する」って書かれてたのは、笑ったけどw

 

その後は、狂ったように魔力をぶっ放すんですけれども…

その殿として、エミールが残るんですよね。このシーンが切なすぎる!

かっこよく送り出していくんですよ!エミールが!

 

カイネさんは必死に止めようとするんですよ!

カイネさんすごく優しいから!姉御ぉぉぉぉ!!

アン
この時のカイネの声優、田中敦子さんの名演技が鳥肌もの

そしてその後の、泣いているニーアをカイネさんが奮い立たせる所がまた素敵すぎました。

 

エミールは、真っ暗な球状バリアに包まれて…

徐々に徐々にそのバリアにひびが入り…

アン
この演出やばかった…。徐々に徐々に恐怖が迫り「自分は死んでしまうんだ」っていう、死のカウントダウン…

一瞬で死ねたら、まだ楽かもしれないけれども…

「今から死んでしまうんだ」という考えを与える時間が…残酷すぎる…

 

そして、かっこよく送り出したものの、やっぱり死ぬことは怖い。

弱音を吐くエミールの言葉が刺さるんですよ!!もうやめたげてよ!と。

 

本当にレプリカントは死の演出シーンが秀逸すぎる。

でも結局、生き残ってたんですけどねw

しかも続編のオートマで活躍しちゃってますしね!

 

 

2位:「おじいちゃん…」

今作での敵対する黒い謎のマモノ。

なんとなくストーリーを進めているうちに感じてくるんですけれども…

やっぱりそうなんですよね、マモノは人間だったと。

 

そして、1週目では言葉がわからなかったマモノたちなんですけれども…

2週目になって、そのマモノの言葉がわかるんですよね。

アン
カイネさんは聞こえていたんだろうな…と思うとよりカイネさんの状況が切なくなる…

 

それぞれマモノたちが苦しんでいる声が聞けるんですよ。

  • 相方を失って心に穴が開いていたところに、他のマモノに心の隙間を埋めてもらう切なさ
  • 人間たちに追われて母親を失った子供と、命令する人間を失ってしまったロボットとの悲しい絆
  • 優しいおじいちゃんに育てられた狼

どの話もとても胸を打ちます。

 

特に私のおすすめは、狼の話。

砂の国で健気に生きていたフィーアを、狼たちは襲うんですけれども…

1周目の時点では、とにかく狼を敵としか見ていなかった私達プレイヤー。

が、実は狼たちにちゃんとその事情があって。

仲間たちを襲われたので、仕方なくこちらも敵討ちみたいな感じだったんですよね…。

 

アン
しかし、よりによってフィーアをやってしまうというのが憎い演出

 

そしてリーダー格の狼。

優しい人間のおじいさんに育てられたからこそ、人間を信じるんだと言っていたから…

余計に辛さが増す。

アン
信じていた人に裏切られるって言うのは悲しすぎる…辛くても信じていたのに…

 

最後の最後に、王達にやられてしまうんですけれども…

この時の最後の「おじいちゃん…」ってセリフが涙を誘わずにはいられない!

そしておじいちゃんと一緒にいた頃のシルエットが映ると…涙腺崩壊

アン
動物ものは弱いんですって!

 

悲しすぎた。

ただただ悲しすぎた。

魔物たちのストーリーが悲しすぎる…!!

 

1位:「なにか大切なものを……もらった気がするんだ」

1位は間違いなく、Dエンドですね。

アン
全て切ないけど、トドメにこれ持ってくるとは…!

 

そしてゲームプレイヤー達も泣かせてくる。

セーブデータの消滅という涙に(笑)

 

魔王を倒し、ヨナも救えた。

(魔王戦の最後のオルゴールBGMが神)

 

しかし…ついにマモノ化してしまうカイネさん。

カイネを救うために、「カイネを消すか、ニーア自身の存在を捧げるか?」という究極の選択を迫られるんですけれども…

ここでカイネさんを倒すを選ぶと、Cエンディングに行くんですよね。

アン
ちなみに、テュランの存在もここで大好きになりました!優しさパワーは悪人の心も変える!

 

しかし、ニーア自身を捧げるを選択すると…本当に消えてしまうんですよ。

何もかも、生きていた証ですら、1つ1つステータス画面が消えていく…。

アン
この演出は秀逸としか言いようがない

 

今まで頑張ってきたプレイヤーの証が、全て消えていくんですから。

それと同時に、ニーアという存在も消えていく。

アン
なんなのだ、これは!どうすればいいのだ!?みたいな

 

どうしようもできないんですけど…

カイネを助けるためには、己自身の存在を捧げるんですよ…。

どこまで人がよすぎるんだよ、ニーアは…。

青年期に入って廃れて冷たい人になった印象でしたが…根はとても優しいお兄ちゃんなんだよ。

 

共に戦ってくれた仲間に対して「助けたい」という思いだけが、先行しちゃったんですよ。

たとえ自分の身を捧げようとも…。

アン
ヨナを助けるところでもそうだけど、ニーアはもっと自分を大切にしてほしい…

 

Dエンディングは、本当にニーアの存在が消えてしまっているので…

妹であるヨナも兄の存在が消え、助けたカイネさんですら覚えていない…

アン
悲しすぎる、とにかく悲しすぎる…存在を忘れられるって事が人間には一番辛いことなのかもしれない…

 

そう思わざるを得ないエンディングでした。

この後のカイネさんのセリフも、また切ないんだよ。涙もね…。

そして美しい声のエンディングスタッフロールだよ。

なんだこの神コンボ

 

そしてトドメには、もう一度遊ぶ画面で以前つけた名前を入力すると…

「その名前はなぜか選択できません」という演出。

なぜか使えないんだよ…!なんなんだよ…!!

 

アン
この野郎!最後の最後までやってくれるぜ

 

終わりに

以上で、ニーアレプリカントの感動できるベストシーン5でした。

とにかく、ニーアレプリカントは切ないという言葉がピッタリ。

悲しい物語が多すぎる…。

思わず、設定資料集も買いましたからね…神資料だった…。

 

 

でも、この悲しい物語が人々の心に焼き付ける要素だったんですよね。

続編のオートマタもすごく胸に響くシーンが多くて、プロデューサーのヨコオタロウさんマジで神だろうって思います。

 

アン
素晴らしい世界を、時間をありがとう

 

 

他の感動したゲームベスト5

人生で遊んできたゲームをすべて書き出してみた!おすすめ&神ゲーもご紹介!

その他のゲーム記事

 

 

シェアしてあげようじゃないか!ボタン

アンからのお知らせだッ!!


LINEスタンプ40個セット 好評!販売ちゅ~!
赤井アン プロフィールページ画像