【感動ゲームランキング】ファイナルファンタジー10の感動シーンベスト5!FF10は名言の宝庫!ストーリーが本当に泣ける

FF10感動シーン

感動できるゲームの1つとして、私はファイナルファンタジー10を押します!

アン
初めてプレイした時、ものすごく感動して…涙・涙・涙

FFシリーズで、1番感動できる物語だと思います!

 

その心が動いたシーンを、ベスト5にまとめました!

あなたの好きなシーンがランクインされていると嬉しいです♪

※当然のごとくネタバレのオンパレードです

 

5位:召喚士の最後「知らなかったのおれだけかよ!」

アルベドホームを攻められるシーンです。

「召喚士の命をさし出す」といった、究極召喚の秘密をティーダがついに知ってしまうシーン。

召喚士たちはみんな、本当に自分の命をかけて旅をしていたんですよね。

究極召喚で、自分の命を最後に捧げるという条件を飲んで。

 

この時、ドナとイサールの覚悟を見せるシーンもすごくジーンときました。

なんて複雑な気持ちで旅をするんだ、この人たちは。

ゴールにたどり着きたいのに、たどり着けたくないというジレンマを感じながらの旅なんて…辛すぎる。

いつもは冷静なルールーが怒るシーンも、これまた涙を誘う。

 

そしてその事実を知ってしまったティーダの素直の感想が、ぐっとくるんですよね。

「知らなかったの、おれだけかよ!」と叫ぶシーンが。

 

ユウナに今まで、早くザナルカンドに行こうと言っていた自分が…

「早く帰りたい」と言った理由で、ザナルカンドに行こうと思っていた気持ちが、とても恥ずかしくなり…

自分に向けての、怒りの言葉でもあったんですよね。

 

この「悲しいスピラの世界を終わらせる」と決意したティーダの、転換期でもあったような気がします。

 

4位:「できないよ…できないんだよ……行けないよ…」

マカラーニャの森での湖のシーン。

ここはものすごく有名ですね。ムービーがとても美しいですから。

ティーダとユウナが、互いに思い合うとっても感動的なキスシーンです。

 

ザナルカンドに行って、究極召喚を習得する覚悟を決めたユウナ。

しかし、今回のエボンに裏切られた事件で、ユウナもさすがに参ってしまうんですよね。

ティーダが励まして、旅をやめて、ティーダのいるザナルカンドで遊ぼうといいますが…。

ここでユウナが初めて泣くんです。「いけないよ」と弱音を吐くんですよ!

 

今まで、希望であり続けるために、弱音を吐かなかったユウナ。

そんな健気で痛々しくもあったユウナが…ついにここで弱音を吐くんです。

アン
もう、やさしく抱きしめたくなりますよ!!こんなええ子を泣かすんじゃない!

 

泣いているユウナを、ティーダはキスで癒やすんですけどね。

これは思い合っている関係だからこそ、できたことですね。

 

ユウナを励まそうとするティーダの気遣いが、とても優しくて…。

「ユウナを助けてあげたい」と言った、純粋で素直な気持ちが伝わるシーンでした。

アン
ユウナが再び歩き出せるようになったティーダの力、すごいなあ

 

 

3位:「最後かもしれないだろ?だから ぜんぶ話しておきたいんだ」

全般的に、ザナルカンドのシーンは感情が動くシーン満載!

 

ザナルカンド遺跡に突入する前の、ユウナのスフィアとか。

もうこれ遺書じゃん…。自分の遺書を書くって…苦しすぎるよ…。

この時点ですでに、ユウナのティーダへの思いは募っていましたね。

 

FF10を始めると、1番初めに聞くせりふ。

切ない「ザナルカンドにて」のBGMと一緒に流れるこのシーン…

もう、見ただけで、まだプレイしていないのに「悲しい物語」だってわかる瞬間ですよね。

 

いったいこのシーンはどこに入ってくるんだろう?いつ来るんだろう?と思わせる。

しかも「最後かもしれないだろう?」というセリフが、また、ね!

このあとのユウナのセリフ「思い出話は、もうおしまい」がさ…!!

アン
ティーダの優しさに甘えてはいけない、というユウナの強い決意を感じました…!

 

そして、この後にザナルカンド遺跡へと突入するのですが…

この時のザナルカンド歩いてるシーンも、また神演出なんですよね!

 

「いつか終わる夢」というBGMなのですが、すごく大好きなんですよ!

主題歌の「素敵だね」の歌をBGMにしているんですけれども…

先ほどの切ない音楽「ザナルカンドにて」も素敵だねのアレンジなんですが、こちらと少し違う。

より豪華になり、重々しい空気なのですが、でもどこか勇気を与えてくれるような…そんな不思議な曲。荘厳ということがふさわしい。

 

戦闘中もこのBGMが流れるんですよね。

いつもの戦闘BGMじゃなく、シームレスで切れ変わらず、このまま流れるってのがまたいいんですよ!

いつまでも聞いていたかった!

 

道中でも、ザナルカンドまで来た人たちの思いが写っていたりとか…

アーロンさんの若い頃の青臭い無限の可能性とかね!

何もできなかった自分が無力で、腹立たしくて…!

剣を振るシーンに「アーロンさん…!」といいたくなる、痛々しくてさぁ…!

 

アン
演出も素晴らしくて、「ザナルカンド遺跡がやばいと」思わされたシーンでした

 

2位:ジェクトの最後「だいっきらいだ」

ティーダの中では、ジェクトはとてもいやな父親だった。

自分の母親を奪ってしまう、嫌な父親だと。

けど、旅の中で気づく。ジェクトがティーダのことを愛していたと。

不器用ながらに、息子に愛情を与えていたのだと。

 

ジェクトの思いに気づいていくシーンは、とても感動的でしたね…!

ティーダも成長したってことじゃないですか!

 

そして最後に、シンとなったジェクトとの対戦。

ジェクトの姿に戻り、ティーダが駆けつけ…ジェクトの決まりのセリフですよ。

「泣くぞ、すぐ泣くぞ、絶対泣くぞ、ほら!泣くぞ!!」

アン
この最後に「ほら泣くぞ!」って強めるところまたいいんですよ!なんてジェクトらしいんだろうって!

 

ジェクトも、色々とつらかっただろうに、皮肉を込めるんですよ!

「湿っぽいのは苦手だ」と言わんばかりに!

こんな状態になっても、息子との向き合い方が分からないんですよ!この不器用男は!

 

そしてまたこの後のティーダのセリフですよ!

「だいっきらいだ」ですよ!!

しかもムービーに切り替わるんですよ!!このセリフだけ!!

 

何この神演出

 

顔をくしゃくしゃにして、泣いているティーダ顔の美しさがもうね。

今まで溢れてきた思いが、爆発したんですね。

言いたいことがたくさんあるのに、もう文句を言う時間もなくて。

 

とても、この親子らしい会話だった…とジーンとしていました。

 

1位:エンディング「ありがとう」

これは間違いなく1位でしょう!!

私は個人的に、好きなエンディングってあんまり出会ったことがないんですよね…

なんか「あの謎はどうなったの?」みたいに疑問が送る結果が多いって言うか…

あっさり終わっちゃうって言うか…もやもやすることが多いんですよ。

 

0ではないけど、指で数えるほど。

そのうちのひとつが、このFFⅩでした!

これも言っちゃえば、あっさりと言えばあっさりなのですが…

ここに至るまでの演出がやばいんですよ!!

 

まず、シンとなったジェクトと戦うというところ。

アン
ここから、もう涙腺が来るんですけれども

 

そして次に、祈り子たちの召喚獣を倒していき…

倒し終わったら、ユウナの異界送りでアーロンさんや召喚獣(祈り子)が次々と消えていく。

アン
もう、お前たちの時代だ!

 

そして最後に、ティーダ。

体が透ける。ついに来てしまったのか…と言わざるを得なくて。

「なんだかんだで、どうにか助からないんだろうか!?」とか思ったり。

 

この時のティーダの心情がすごくて…

消えるのが怖くてたまらないはずなのに、みんなに心配をかけまいと陽気にさらっと言う。

「俺、帰らなくちゃ」と。

みんなのことを気遣える、とても優しい心。この時点で泣ける!!

 

さらに、今まで我慢してきたユウナが飛び出す。

ティーダを抱きしめようとするけれども、すり抜けちゃって…。

 

この演出、やばい

 

倒れこんで、涙を流すユウナの美しさ。

顔をくしゃくしゃにするのではなく、無表情の中の涙。これがたまらない!

ただただ涙が頬を伝う。悲しい顔は見せないと言ったユウナの心情が…もう!!

 

そして、ティーダ。

ティーダは明るくさらっと消えようと思っていたのに…

ユウナが引き止めてくれるものだから、我慢していたものが溢れ出し…

さらにそんな悲しんでいるユウナを、抱きしめることもできない自分の状況に、ただ悔しくて、悲しくて。

 

そんなティーダに声をかけるユウナのセリフがまた!

「ありがとう」ですよ!!?

なんてシンプルで美しいセリフ

 

立ち上がってお礼を言うなんて…なんて強い子なんだ、ユウナ…!!

そして、後ろから肉体はなくても抱きしめるティーダ。

 

このシーンが神すぎる

 

BGMがまた最高なんですよ!!

主題歌の「素敵だね」オーケストラヴァージョンが!!

これでもか!というぐらい、ふわーーーー!!と来るんですよ!!

じょじょにじょじょに音楽がこみ上げてきて、抱きしめてからじゃーーん!ですから!

(表現力が稚拙すぎるけど、見てみるとわかるはずw)

 

最高としか言いようがない。

全てが神演出になっていて。泣くしかないだろ、これ。

 

そして、ユウナをすり抜け、走り去って飛び出すシーンが、もう、ね!

最後の最後にブラスカ、先に行ったアーロンさん、そして父親のジェクトにハイタッチ!

どこまで感動させるば気が済むんだ、このゲームは

とても美しいエンディングで、これを見るためにやってきたと思える最後。

 

その後のユウナの名台詞。

「いなくなってしまった人たちのこと、時々でいいから…思い出してください」

もうね、言い方がまたたまらんのよ…!!

つらい思いをシてきたユウナだからこそ、重みがある!

 

素晴らしすぎるこの物語の最後を締めくくるのに、とてもふさわしい言葉でした。

何もかもが完璧すぎるぞ、FF10!

 

おわりに

以上で、心が動いたベスト5のご紹介でした!

どれもとても胸に響くシーンで、素晴らしかったです!

他にも色々感動できるシーンがあるのですが、とりあえずこの辺で。

 

感動できたゲームなので、何周もしましたね!

何度見ても感動できます!

 

アン
神ゲーをありがとう

 

 

他の感動したゲームベスト5

人生で遊んできたゲームをすべて書き出してみた!おすすめ&神ゲーもご紹介!

その他のゲーム記事

 

シェアしてあげようじゃないか!ボタン

アンからのお知らせだッ!!


LINEスタンプ40個セット 好評!販売ちゅ~!
赤井アン プロフィールページ画像