2019年夏アニメを最終回まで見ての感想~キャロル&チューズデー、鬼滅の刃、とある科学の一方通行など~

2019年夏アニメ最終回まで見た感想

2019年夏アニメ、全て最終回まで見ました!

さっそく、最終回まで見た感想を語っていきま~す!

 

3話を見た時点との、比較もしていきます。

 

読むにあたって※あくまでアン個人の主観です

※割と辛口もいいます

※ネタバレも含みます

以上を許せる方はお楽しみください。

 

アン
ゆっくりしてってね♪

 

2019年夏アニメ視聴一覧

まずは、視聴したラインナップを。

※あいうえお順です

  1. かつて神だった獣たちへ
  2. 鬼滅の刃
  3. キャロル&チューズデー
  4. この世の果てで歌を唄う少女YU-NO
  5. とある科学の一方通行
  6. ロードエルメロイⅡ世の事件簿

 

全6作品。

それでは、お気に入り順で、感想を書いていきます。

 

キャロル&チューズデー

キャロル&チューズデー

間違いなく、今期で一番心にぐっと来た作品。

  1. 映像よし
  2. 音楽よし
  3. キャラクターよし
  4. 歌よし!
  5. ストーリーよし!

素晴らしい5つの要素を持つ、

私の中での神アニメになりました。

 

みんなそれぞれ

キャラクター1人1人が生き生きしてて…

本当にそこに存在しているような…

リアルな心理描写が描かれていて…

 

とても感動しました

 

キャラクターの登場人物は多いのですが

適当な人は誰1人おらず、

みんな1人1人とても上手に描いてて。

そこに生きてるって言うか。

 

とにかく、それほどみんな

キャラクターが立っていました。珍しいです。

キャラクターが多い物って…

誰かやっぱり、適当な人が出たりするので(汗)

 

あと、純粋に成長もののストーリー

というのも好感が持てました。

順調に上手くいくのではなく

山がたくさん、それを乗り越えていく。

 

その姿を見ていると…

なんかすごく応援したくなるんですよね。

頑張ってる!ってのがすごく伝わってきて。

 

主人公のキャロルとチューズデーが

一生懸命お互い力を合わせ

たまに喧嘩したりしたり。

 

そんな2人を見ていて…

すごく何て言うか…

アン
私もやりたいことに挑戦してみたいなー!

って思ったんですよね。

 

見ていて勇気をもらえる作品でした。

 

毎回、毎回、面白い作品って…

ほんと久々ですね。

私の中で神アニメに入ります。

 

最終回もすごく良かった。

大円団だよ、本当に。

ラストの歌は鳥肌立ちまくってたから。ガチで。

 

この作品ラストに向けての伏線も

ちょこちょこ上手に入っているので

違和感なく最後の展開が楽しめるんですよね。

 

最初に言ってる「火星中を騒がせる」ってこれかー!と。

てっきり売れっ子ミュージシャンになるのかと思ってた…!

やられた~!って思いましたねぇ。

もっとデカイことやらかしてくれたよ。

 

話の流れも全体的に、

ここに、こうやってつながってくるか~!って。

すごく構成が上手だなぁと思ってました。

 

キャロルとチューズデーの物語なんですけど

ライバルの存在であるアンジェラの話も良かった。

 

強気に見えて、実は繊細で心細いところがあった。

いいよね、こういった丁寧な心理描写。

ただ、最後はちょい強引かな~とは思いました。

 

感動する話数はたくさんあったので

1つに決めれないけど…

1番印象に残っているのは、デズモンドさんの話かな。

 

たった1話だったけど、

すごく大切な事を教えてもらっていた気がする。

 

「ただ1人の好きだった人のために歌った」

それがいろんな人の心に響いただけ。

すげーこと言ってるよなぁって思ってました。

声優さんも山ちゃんで、ぴったりだったし。

アン
最終回にも出てくれて、よかったよぅ~!

 

感動系ももちろん、

笑える所もすごく上手に描かれてる。

特にアーティガンに大爆笑ですw

アーティガン回とか、最初から最後まで笑ってた気がするw

 

こういうキャラクターっていいよね!

声優さんが、宮野真守さんってのもよかったw

 

とにかく全体的に、

ストーリー・キャラクターが秀逸でしたね。

 

で、この作品のメインテーマである歌です。

まず第1話を聞いた時点で…ビビっときましたね。

キャロルの歌を聴いているチューズデーのあのシーンね。

私も泣きそうになったから。

泣きそうになったときの感想

 

何より歌詞が素晴らしい。

キャロルの現場を上手に表現している歌詞だったな…

と思って聞いていました。

 

色々なアーティストの歌が流れていたけど

ほんと豪華な作品だよなーって。

 

  1. ビジュアルよし
  2. ストーリーよし
  3. キャラクターよし!

ほぼ欠点がないぐらい、良い作品でした。

 

最後のメッセージも…

ぶわってきましたからね。

 

will be continued in your mind

私達の心の中で続く、ってね。

 

ガスのラストのセリフ

「だが、奇跡はここで起こったんじゃない。

きっとこの歌を聴いた、1人1人の心の中で起きたんだ」

ってセリフを、実に上手く掛け合わせているなと。

 

1人1人みんな、

自分の世界を、感じる心を表現してもいいんだよ。

そんなふうなメッセージにも感じました。

 

アン
成長・感動ものが好きな人なら、オススメな作品です!

【電子書籍】コミック版のキャロル&チューズデー!↓↓

ロードエルメロイⅡ世の事件簿

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿

Fateシリーズは、

Zeroとstay nightを見たことあるんです。

で、Zeroでウェイバー君とライダーの関係が

すっっごく好きで。

 

まさか、そのウェイバー君が

主人公になってアニメ化するなんて!

アン
これはもう、見るしかないでしょう!

ってことで、期待込めてた見ていましたね。

 

ウェイバー君がものすごく渋くなっていて

びっくりしたんですけど…

根っこがウェイバー君だったので安心しました。

 

ライダーに対しても

忠誠を誓いながら、前に進んでいたんだな~

ってすごく一途なんですよね。

良い意味でも、悪い意味でも。

 

主に推理物の話で

魔術ありなので割となんでもあり!

なところもあったのですが…

普通に面白かったです。

 

で、1番好きなの話は…

最終回なんですよね!!

 

詳しくはこちらのリンク先

最終回を読んでほしいのですが…

 

とにかく良かった!

 

こんなに美しい最終回、本当に久々だなって。

感動しましたから。号泣しましたから。ガチで。

 

ウェイバー君、この話を通じて‥

成長をまたしてるよねって思って。

なんかすごく感慨深くなりました。

 

ぶっちゃけ、ウェイバー君が好きなら

最終回だけ見てもいいわ~!

って思っちゃうほどです(笑)

 

【電子書籍】1話無料!コミック版のロード・エルメロイII世の事件簿↓↓
【電子書籍】コミック版のロード・エルメロイII世の事件簿↓↓

 

【ネタバレ全話アンの感想】ロード・エルメロイII世の事件簿

 

鬼滅の刃

鬼滅の刃

全体的に、すんご~~~く

クオリティの高かった作品。

 

映像美が美しすぎた。気合い入りまくり。

特に最終回の演出とか、鳥肌立ったわ。

物語としては、途中で終わるので

「俺たちの戦いはこれからだ!」な流れ。

 

なんだけど!

なんかもう、最終回を見たような演出で。

すっごく綺麗にまとまって終わっててびっくり。

 

LiSA氏の「紅蓮華」がフルで流れ…

黒バックにエンドロール…

なんて美しい幕引き。

映画見てたのかと思った(笑)

 

冒頭の鬼たちのシーンとか…

背景の3Dだよね?なんちゅークオリティだよ。

鬼舞辻無惨がなぜか女性姿だったりしたけど

男声なのに、なぜかあまり違和感がない。すごい。美しい。

 

あと、鬼滅の刃は音楽も素晴らしかった。

個人的に、アニメのBGMって

あんまり印象に残らないんですよ。

けど、鬼滅の刃は印象に残るBGMが多くて。

 

で、すごく良いと思ったら

梶浦由記さんが関わってたんだ!!

しかも、石川智晶さんまで!?

少し怖い雰囲気な女性の声が入ったBGMが特に好き。

 

ストーリーも切なく、優しく。

キャラクターも、みんな個性的で魅力的で。

伊之助の「猪突猛進!」には毎回笑った。

最後もやってくれて、ものすごい安定感w

 

あとね、女性キャラが可愛い。

私は強い・かっこいい女性以外は、あんまり…なの。

いかにも、女の子~なゆるふわ系とか特に苦手で(汗)

けど、鬼滅の刃の女性は良かった。

 

禰豆子とかさぁ…

かわいすぎんだろぉ~!?

性格も、見た目も、すんごくかわぇぇ~。

服装も、すっごくどストライクよ。

 

あと、カナヲの最終回のあの表情はずるいよ…!

「さよなら」連呼、ビビッときたわ…!

 

こんだけ良い要素があったら…

そりゃ劇場化するって。

個人的に、2期とか来てほしい作品です。

来たら、絶対に見ますわ。

 

【電子書籍】アニメ後の続きは7巻から!↓↓
【電子書籍】アニメ後の続きは7巻から!↓↓

 

アニメだと列車が発射して、

すっごく最終回っぽく終わってるけど…

原作だと1話内で、ふつーに煉獄さんと出会っててなんか笑えましたw

 

 

かつて神だった獣たちへ

かつて神だった獣たちへ

3話時点での期待度は、1位。

 

最初はすごく引き込まれて

ワクワクしてたんですけど…

最終回がちょっと、迫力に欠けたのかなあ…

と思いました。

 

というのも、仕方ないんですが…

完全なる最終回じゃないんですよね。

「続く」といった感じで終わってる。

 

また人気があったら

2期とかあるんでしょうけど…

1期を見た感じでは、ちょっと物足りないかなぁ。

 

テーマとしては

「人と獣は、共に生きることができるのか?」

といったことなんでしょうけど…

 

獣が暴走する方法を

抑え込む手段が見つからない限り…

まずは難しいよねってところで。

 

見つかったとしても

やっぱり人間って自分と姿が異なる存在と

仲良くするって…難しいんですよね。

 

現実でも、ちょっと体が不自由な人を見ると

「自分とは違う」という目で見られて

差別が生まれる。

 

なので、かつ神のテーマって

実はすっっごく難しいテーマなんですよね。

「どんな最終回を迎えるのか?」

実は原作は、ちょっと期待してまして。

 

「人間はそういう生き物。

だからそれを受け入れて生きていくしかない」

 

みたいな感じで、終わると思うのですが…

いかに綺麗にまとめてくれるのか?

といった結果を見るのが、ちょっと気になる。

 

そういう意味では

「まどマギ」は切ないけど…

すごく上手に終わったよねって思ってたので。

 

救いはないかもしれないけど、

希望は見続ける、戦い続ける。

みたいな感じの終わり方を期待している。

 

テーマについて話したけど…

キャラクターは魅力的だったと思います。

ハンクの葛藤とか、実に人間らしいなあと。

ヒロインの存在は、すごく大きいなとも感じました。

 

ケインが最後に、

シャールに嫉妬している姿を見たのは…

ちょっと笑いましたよw

まさか最後に来て、BL的な展開が来るとはね(笑)

 

アン
正直、ちょっとニヤついたよ!ごちそうさま!

 

【電子書籍】アニメ後の続きは6巻から!↓↓
【電子書籍】アニメ後の続きは6巻から!↓↓

 

とある科学の一方通行

とある科学の一方通行

普通です。

とにかく普通。

 

特に心に響く部分もなければ

特にひどいというわけでもない。

とにかく普通。

 

蛭魅の過去話は

ちょっとウルっときますが…

この回は、感想も書きましたし。

それ以外は「ふーむ」といったところ。

 

とある魔術3期のテンポは

ハイスピードで、ちょっとついてけない部分が

多かったんですけど…。

 

1つの話を丁寧にするにはするっていうのも

ちょっとテンポが悪く

間延びするなぁと思ったところでした。

 

あと、一方通行さんが主役なんですけども

エステルの方が主役な感じがして。

一方通行さんが、サブキャラみたい(汗)

 

最後にエステルが動けるきっかけを

くれたシーンは素敵だったんですけど…

せっかくの主役なんだから…。

なんかちょっと寂しい。物足りない。

 

もっと何と言うか…

この頃の一方通行さんのテーマだった

「悪の美学」の派手さを披露して欲しかった。

 

1番印象に残っているのは

ラストオーダーとのほのぼのやり取りですね(笑)

この2人のこういったやり取り

好きなんだよぉ~。

 

あと、本作品には関係ないけど

来年の1月に放映される

「とある魔術の超電磁砲」がすごく楽しみだなぁ。

 

やっぱり「とある」は

あの絵柄の方が私好きです。

こっちはこっちで、味があったんですけどね。

 

【電子書籍】アニメ後の続きは8巻から!↓↓
【電子書籍】アニメ後の続きは8巻から!↓↓

この世の果てで歌を唄う少女YU-NO

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

見る前は正直…

めちゃくちゃ期待してました。

泣きゲーとか散々書かれてましたから。

 

話の流れとしては

タイムリープ系ですね。

過去に戻って未来をよりよくする…と言う。

 

こういうテーマは好きなので

そういう部分は純粋に面白いです。

 

OPもすごくかっこよかったです。

特に後半の主題歌。鈴木このみさんの歌ね。

 

キャラクターもまあ…

そうですね、可もなく不可もなく。

 

で、実際に見てみた感想としては…

まあなんと言うか…

割とよくある展開と言うか…

 

たぶん…時代かな?って思います。

昔はこういった展開は

すごく斬新だったと思うんですよ。

 

でも今は、結構似たような展開があるので…

ちょっと新鮮味に欠けていたと言うか…

う~ん、ちょっと切ない。

 

あと元がエロゲーらしいので

仕方ないのですが…

やたらと下ネタが多い(汗)

 

テーマがシリアスで重いので

下ネタで緩和させよう!

っていう方法なのかもしれないけど…

 

シリアス展開に近づけば近づくほど

ちょっとなー…と思ってました。

まぁ後半はあまりなかったんですけどね。

 

あと全体的に

話の流れが速い気がしました。

 

2クールという期間内に納めないといけないので

どうしても原作をカットせざるを得ないところは

いろいろあったのでしょうが…

 

個人的に少しテンポが速すぎて

ついていけない部分がちょこちょこ…

あったような気がします。

 

クンクンがピンチを助けに来てくれて

「これから一緒についてくるのか!?」

と思いきや…あっさり退場しちゃって。

 

暑い砂漠の中、ずっと重い2人を持ち上げ

飛んでくれていて、体力が消耗しきった…

というわけと思うんですけど。

 

そのシーンが数秒で終わるので

なんかすごく急展開に感じがして(汗)

その後の泣けるであろう場面もなんか

感情移入できなかったと言うか…。

アン
原作では、もっと丁寧に描かれているんだろうな

 

あと、前半は現在世界なんですけど

後半はいきなりファンタジーになって

正直…「えー!?」と思いました(笑)

主人公も、あっという間に父親になってるしさw

 

ちょい話が難しくて

最後までちょっと頭が???状態でした。

 

とまあ、ちょっとイマイチな点を

たくさん 書いてしまいましたが…

原作をプレイした人だったら楽しめた作品なのかな?

って思いました。

 

【電子書籍】実はコミックもあったYU-NO↓↓
【電子書籍】実はコミックもあったYU-NO↓↓

 

終わりに

いや~、今季も終わりましたね~。

キャロチューで毎週を楽しみ、

ロード・エルメロイで最終回を持っていかれ、

鬼滅の刃のクオリティに打ちひしがれ…

 

色々と心が響く作品が多かったです。

秋アニメもすでに始まっているので、

徐々に視ていきます~。

 

ではでは、サラッと終わります。

 

アン
アニメ制作関係の方に、多大な感謝を

 

 

シェアしてあげようじゃないか!ボタン

アンからのお知らせだッ!!


LINEスタンプ40個セット 好評!販売ちゅ~!
赤井アン プロフィールページ画像