ネタバレ!本好きの下剋上13話の感想!神官長からプロポーズ!?ルッツ、ベンノ、マルク、家族、フリーダ、ついでに神殿長にもモテモテマイン

本好きの下剋上13話

本好きの下剋上13話を見てきました!

今日で最終回まで一気に駆け抜けます。

連続でみましたけども

今日はとりあえず、13話の感想を書いていきますね。

 

アン
あっという間の時間で、びっくりです~!

 

お気に入りシーン

個人的なお気に入りシーンを

つらつらと書いていきます。

 

三度の飯より本が好き!

ルッツに事情を説明する時

大事な話よりも…

本に出会えたことしか出てこなかったのが

マインらしくて笑えたw

 

アン
この、本バカが♪

 

目立ってた洗礼式

マインが可愛いのはわかる。

 

けど、それ以上に…

父さんが列に混じってたのが

一番目立ってた理由じゃないのかな?

と突っ込んでしまったw

 

孤児への風当たり

父さんは

「マインにはちゃんと家族がいるんだろう!」

と思って怒ったんでしょうけども…。

 

なんかそう考えると

孤児の子に対して

悲しい物言いだなって思っちゃいました…

 

マインは

やっぱり恵まれてるんだなって思った。

幸運でしたね。

 

問題点、山積み!?

そうか…

単純に本が読めるための

明るい未来と思ったんだけども…。

メリットばかり見ていたんだね。

 

  • いいようにこき使われる労働環境
  • 手に触れられる距離なのに、届かない想いの距離
  • 弱い体調

デメリットもたくさんあったんだ。

決断には、両方を見て判断するのが大事だよね。

 

そういう意味でも

父さんの知識は、大きな選択肢に貢献したなと思いました。

やっぱり知識は大事です。

 

父さんの愛

理解してくれたマインに対して

優しく抱きしめるのがよかった。

 

「きついこと言ってごめんね。

でも君を愛しているからこそ言ったんだよ」

っていうのが伝わってきた。

 

アン
なんて厳しくて、やさしい父親なんだ

 

神官長が喋った!

やっとマインと

まともに話をする環境になりましたよ!

どれほどこの瞬間を待ち望んでいたことか!

 

ずっと思ってたけど

イケメンですね神官長!

 

膝の上に座る…だと?

なんだこの素晴らしいポジションは?

神官長、サービスいいっすね!?

 

聖典に触れないようの

見張り的ポジションなのかもしれないけど…

何気に凄い絵だなって思いました。

なんて汚れた大人なんだ、私はw

 

子供に絵本を読み聞かせるみたいな感じで、

和みましたねぇ。

中身は難しい話だけど。

神官長の膝の上

出典:香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

 

神に祈りを!

シリアスシーンで、

いきなり不意打ちのグリコポーズやめてくれw

 

君のご両親と話がしたい

神官長からの、

どストレートなプロポーズかと思った。

 

 

斬新な神殿の柱

柱の根っこの方に

葉っぱのオブジェでしょうか?

たくさんついていてちょっと笑った。

何か神聖なシンボルの象徴の植物なのかな?

 

ナチュラルハグ

ルッツを見かけたら

すぐさま駆け抜けて、抱きついちゃった。

仲いいなお前たち。末永く爆発しろ。

 

首根っこを掴んででも連れて帰る

本当に首根っこ掴んで

引きずっていったのは笑ったわ。

ルッツ、力強いなぁ。

 

少しは頭を使えこの考えなし!

本を前にしたら理性なんて吹っ飛びます。

この辺は、マインを止めることはできません。

 

これがマインだから!

 

誰か止めてあげる人を、側においてあげてください。

ルッツとか、ルッツとか、ルッツとか。

以上!

 

衣服の違い

なるほど。

服によってすでに差別はされていたのか。

 

ってことは、

マインが初めてあった関係者の人は

灰色だったから孤児出身ってことか。

 

…なんか、

服だけで決めつけるって、少し嫌な感じだな。

いろいろな効果があるんでしょうが…。

 

都合のいい関係

青い服の貴族はつまり…

親たちから見捨てられた存在ってことか…。

 

…そう考えたら

青色服のお貴族様も

見る目が一気に変わっちゃうな…。

ということは神官長も……?

 

そして貴族の数が減ったから

連れ戻してくるって。

何て都合のいい話なんだ。

 

でも、戻っちゃうんだろうな…

なんか悲しい。

 

にしても

表では見えないけど

実はこの国、危ない状態になってるみたいですね。

ベンノさんの情報網が素晴らしい。

 

新たな真実

そうか…そうか!

マインは身食いが

どんな仕組みかわからなかったんだ。

 

でも、ここで分かって

よかったなって思ってます。

 

病気とかでも、謎の病気だったら怖いけど、

原因がわかったら、治ってないけど、

なぜか安心できますしね。

精神的には、少し楽になるよ。

 

しかし魔力を持つ平民が

貴族にとって目障りでしかなかった…

ってことは、どういうことなんでしょうね?

その辺もすごく気になる。

 

マインの命が大事!

貴族に取り込まれないように

逃げ道を確保する。

ベンノの旦那、さすがの考え方っす。

 

そのためにルッツは

危険な可能性の提案を引き受けて…。

さらに負い目を感じさせないように、皮肉って答える。

見るたびにイケメンになるな、君は。

 

生きるためにあがけ!!

ただただ教会に搾取されるだけではない、

逆に教会を利用するぐらいに!

なぁなぁの馴れ合いではない、互いに利用する関係を作る!

 

これぐらいドライな方が

敵地で生きるには、必要な知識なんだよね。

 

これが

「自分を大切にする」

ことなんだなって思った。

 

ベンノさんの

「生きるためにあがけ」ってセリフ

マインだけではなく、全人類に必要な言葉だと思った。

 

マルクさんイケメン

ベンノさんは

素直じゃないから言えないけど

マルクさんが代わりに、代弁してくれたのが良かった。

 

マルクさん自身は

素直にさらりと「マインのことが心配だ」

って伝えてくれるのが、またいいね。

ベンノさんとマルクさんの関係も好きだな。

 

「マルクだけかよ」ってすねる、

ベンノさんがかわいすぎたw

その後のマインの返事に対しても

ちょっとしたドヤ顔がまた、たまらない。

ツンデレベンノ

出典:香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

 

ほんとこの作品の登場人物

好きな人多いわ。

 

可愛い受付嬢フリーダ

すごいな!

こんなに小さいのに、立派に仕事をこなしている。

 

しかもちゃっかりと

マイン工房の登録をすることに対して

先のことを話しだしちゃってる。

 

マインからのアドバイスを聞いて

喜んで受付の仕事もほっぽりだしたのも…

何とも言えないw

フリーダも好きだわ。

 

手をつなごう

もう自然と繋いじゃってるね。

ハグも普通だもんね。

いいなぁこの二人。

 

カッコ悪いから言いたくない

このセリフ、何気に良かった。

 

「なんでもない」って

かっこつけて大人ぶるよりも

素直にこう言った台詞を吐いてくれる人の方が、私は好感が持てる。

(超かまってちゃんはキツイけど)

 

けどこの後、素直に

「マインと一緒に本を作りたかった」

と打ち明けるのもまたいい。

 

自分の思いを言葉にするのが

上手になったルッツ。

私は感動だよ(何様)

 

誰よりもルッツのことを信頼している

マインのセリフも良かったわ。

涙をぬぐって、力強く答えるルッツ。

強くなったなって思います。

 

おわりに

あっという間に終わっちゃいました。

本当にあっという間。

楽しい時間は一瞬で過ぎ去るとは…本当だなと。

 

前回から神殿に入ってウハウハ生活!

なマインちゃんかと思いきや、問題山積みで。

物事はそう簡単にいかないんだな

ってことを知りましたね。

 

この辺の流れ、すごいリアルなんですよね。

本好きの下剋上って、

ご都合主義じゃなくて、リアルなことが多いんですよ。

だからこそ面白い。

 

うまいように利用されるんじゃなくて

こちらが利用してしまうぐらいの勢い。

「周りに流されず強く生きよ」

といったメッセージ性を感じました。

 

かっこいいんですよ、いちいち。

だからこの作品、好き。

私も強く生きようと思えるから。

 

「生きる」ことに対して、

勇気をもらえる作品だと思いますね。

 

最終回まですぐに見れるので

また明日、感想を書いていきますね!

どんな結末を迎えるのかワクワクです!

(これを書いている時点では、もう見ちゃったけどw)

 

【おまけ】サムネイラストのメイキング

 

イケメン描くのはプレッシャーがあるけど

(上手く描けるかどうかの)

たのしいなぁ~。

 

【電子書籍】コミック版の本好きの下剋上
↓コミック版の「本好きの下剋上」

 

本好きの下剋上バナー

本好きの下剋上ネタバレ感想

 

 

シェアしてあげようじゃないか!ボタン

アンからのお知らせだッ!!


LINEスタンプ40個セット 好評!販売ちゅ~!
赤井アン プロフィールページ画像

2 件のコメント

  • 毎週楽しみに読ませていただいていたアニメ感想も、第一部は明日で終わりなんですね……。ちょっぴり寂しい。
    私は原作読破組なので、アンさんのまっさらな状態での感想がとても新鮮で、かつ、原作者さんやアニメーションに携わった方々の伝えたかっただろう事をしっかりよみとられていらっしゃるのを自分のことのように嬉しく思いました。
    第二部での感想もお待ちしています。

    • すみひらさん、素敵な感想をありがとうございます…!!
      そう言って頂けただけで、感想を書いていてよかったと思います!
      本好きな人は、マインの家族みたいにあったかい人が多い!!

      原作を読みたいけど、まっさらな気持ちで感想を書きたいので、ぐっと我慢している所存です(笑)

      2部の感想も、まっさらな気持ちで、素直に感じたことを、書かせて頂きますね!ぜひまた春にでもふらっと遊びに来てください^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です