2018年夏アニメを最終回まで見ての感想~BANANA FISH、はたらく細胞ほか~

夏アニメ最終回・前編

2018年の夏アニメも、ついに終わりましたね。

「3ヶ月ってあっという間だな」と毎度毎度、最終回を見ると思います。

 

それでは今回も、

最終回まで見た感想を語っていきたいと思います。

3話を見た時点との、比較もしていきます。

 

読むにあたって※あくまでアン個人の主観です

※割と辛口もいいます

※ネタバレも含みます

以上を許せる方はお楽しみください。

 

アン
ゆっくりしてってね♪

 

2018年夏アニメ視聴一覧

まずは、視聴したラインナップを。

※あいうえお順です

  1. 進撃の巨人 Season 3
  2. つくもがみ貸します
  3. BANANA FISH
  4. ハイスコアガール
  5. はたらく細胞
  6. Back Street Girls -ゴクドルズ-
  7. ハッピーシュガーライフ
  8. Free!-Dive to the Future-

 

全8種類。

 

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」も視聴していたのですが…

私には合わなかったので、3話で切りました(汗)

 

あと、途中で、

NHKで放映している「つくもがみ貸します」も見はじめました。

すごく面白くてですね。

絵もきれいで、江戸時代の雰囲気もすごくいい。

 

それでは、お気に入り順で、感想を書いていきます。

 

第1位:BANANA FISH

3話視聴での順位 3位
12話を見終わっての順位 1位

 

視聴前は、ちょっと気になる作品。

1話視聴後は、うーん…ちょっと地味だけど見てみるか…。

3話視聴後は、うぉ!コレ面白いじゃん!?

12話視聴後は、ううぅ~!続きが気になるぅ~~~!!

 

と、見れば見るほど味わい深い作品に。

正直、絵柄がちょい古い感じで、

だいぶ前の作品だったので、

バカにしているところがありました(汗)

 

けどフタを開けてみると、どうよ?

全然古臭くもなく、泣けるし、笑える。

 

時代設定も、今風にリメイクしたみたいですね。

逆にそれが、昔の時代だったから良かったこと、

現代だと突っ込みどころとか、マイナス要素も入ったようですが…。

 

けど昔の設定なら設定で、

現代っ子が「いやスマホ使えよww」とかの、

時代設定を無視してツッコミが入るんだろうなぁ…と。

どっちにしても、ツッコミは入るんでしょうねぇ(汗)

 

さて、話を戻しましょう。

登場人物の全キャラクターが、とても魅力的なんですよね。

特に、主人公のアッシュがとても魅力的なのは大きい。

そして、W主人公とも言える、日本人の英二の存在も素敵ですね。

 

普段はマフィア相手なので厳しい世界のシーンが多いのです。

だけど間に入る、

アッシュとの英二の年相応の関係、はらはらさせられるシーンは癒やされる。

この緩急さが、とてもうまい。

 

マフィアが相手と言っても、

「力と力で押しつぶす!」というわけではなく、

アッシュお得意の頭脳戦も入り、

毎話毎話とても飽きさせない作りになっています。

 

1話からすでに、ほのかにBL臭も感じていたのですが、

それも良いスパイスになり、

現代っ子に受け入れられた見事な作品だと思います。

 

キャラクター・世界観・ストーリーどれも素敵なのですが、

「BANANA FISH」の一番の魅力は、丁寧な心理描写だと思います。

1人1人がまるで本当に現実にいるように、すごく凝っている。

 

「ああ、人間ならこういう事するよね」といった、

矛盾がないところがスゴイです。

 

これから2クール目が入りますが、

アッシュたちの物語を見るのが、

楽しみなような、寂しいような、ちょっと怖いような…

ショーターも、なんとなくOP見てわかってたけど…ね…

 

それでも、最後まで見届けたいと思います。

 

 

2位:はたらく細胞

3話視聴での順位 1位
13話を見終わっての順位 2位

 

自分たちの体のことなので、

すんなりと話に入っていけるのが、大きなポイント。

 

3話ぐらいまでは、

「おもしろい~」と楽しめたのですが、途中辺りから、

「なんかワンパターン…」となり、中だるみしました(汗)

それでも面白かったんですけどね。

 

キャラクターがみんな魅力的で、

白血球、赤血球など、知った言葉が多く、

名前を覚える必要がないのが、すごく楽でいい(笑)

(他の作品では「この人の名前知らない」は、あるある)

 

あとは、勉強になるのもすごく良かったですね。

たとえば、めまいって脳に血が行ってないから起こるんだ~とか。

 

実際にめまいが起きた時、

「あっ!今、脳に血が足りないんだ!」

ってなぜか安心感がわきましたw

何も解決してないけど、「わかる」安心感ってすごいなと。

 

そんな知識満載なので、すごく勉強になる。

自分の体のことなので、気を使ったり出来たのが本当にいい。

 

これ、学校とかの教科書になればいいのにって思う(笑)

たとえば、歴史とか勉強しても「無理やり暗記」って感じだけど、

ドラマとかになると、名前や事件の名前とかすんなり覚えますよね?

あんな感じで、教科書になったらいいのになぁ~と思います(笑)

 

と思っていたら、無償で教育機関に画像を配布しているとか。

こういった活動いいですよね!

 

アン
みんな、細胞たちのためにも自分の体を大事にしようぜ!

 

はたらく細胞1話

「はたらく細胞」1話感想、ネタバレ!私達の体の中は、休みなんてありません。

2018年7月18日

 

3位:Back Street Girls -ゴクドルズ-

3話視聴での順位 2位
10話を見終わっての順位 3位

 

まさかの、10話が最終回でびっくりしました(笑)

しらなかったよ…最後まで面白かったのに…。

 

アン
最初は面白いけど、中だるみしないだろうか…

と心配候補だったのですが(笑)、

こちらの作品は、最終回まで笑えました。

 

アイドルと言っても、やっぱり中身は男なので、

下ネタ系もちょくちょくあったのですが(笑)、

まぁ、それも笑いの1つというか。許容範囲。

 

最終回の幕引きも、

テッテレーのドッキリで、上手だったんじゃないかなってw

しかし、某大物俳優のあの扱いは、ギリギリじゃないかなw

 

藤原啓治さんの演じた、親分もいい味出してました。

まさか嫁とあんなにラブラブとは…わらったよw

年をとってもずっと好き!って…いい夫婦だな、おい!!

声優演技もさすが!キレッキレのなりきり具合で最高です…!!

 

アン
ありがとう、藤原啓治さん、ありがとう…!!(大事なことなので2回言いました)

 

OPにも遊び心があってよかったですね。

普段は女性声だけど、男性声であの歌を歌った回は爆笑しましたw

しかも、エンディングもシュビドュビバ★でしたからねww

あと、最終話のOPで嫁が入ってたのはちょっと笑いましたw

 

アン
ゴクドルズの活躍は、まだまだこれからだッ!!

 

 

4位:つくもがみ貸します

3話視聴での順位
12話を見終わっての順位 4位

 

実はこちらの作品、6話から見始めました(汗)

進撃の巨人の前の番組枠でやっていまして。

イラストが、星野リリィさんだったので気になってて。

星野リリィさんの絵、キレイなので好きなんですよね!

 

で、作品の内容もとてもキレイなお話で。

江戸時代を舞台に、物貸しのよろずやを営む姉弟と、

その物、つくもがみたちとの物語です。

 

よろずやと名乗っているだけあって、

結構、なんでも屋な感じ。

いろいろな頼まれごとを解決することも多いですね。

 

場面転換で、建物がパズルのように割れて、

移動後に組み合わさる、といった演出もトリッキーで素敵。

 

それと、OPとEDも美しい。

OPはちょっとロックな感じの力強い歌で、

EDは倉木麻衣さんのしっとりとした和をイメージできる曲。

両極な感じですが、どちらもこの曲にふさわしい曲です。

 

NHK放映にふさわしい、優しい物語なので、

誰でも安心して見れるのが、また良いですね。

子供~おとなまで楽しめる、特に女性におすすめな作品です。

 

 

前半戦、終了!

以上、夏アニメ語り(前編)でした。

後半戦はまた明日にでも。

 

アン
アニメに関わったすべての方々、お疲れ様です!

 

 

出典:

ジャスミン・ギュ・講談社/犬金企画

吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH

清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

2018 畠中恵・KADOKAWA/つくもがみ製作委員会

 

シェアしてあげようじゃないか!ボタン

アンからのお知らせだッ!!


LINEスタンプ40個セット 好評!販売ちゅ~!
赤井アン プロフィールページ画像